ドメインとは?あなたの疑問にお答えします

domain

 ドメインとは『インターネットの仕組みを理解しよう!』でも少し書きましたが、インターネット上の住所の様なものです。検索サイトやメールの送受信、ホームページの公開やブログの記事などなど無くてはならない大切な存在です。

 

 

 今回はそんなドメインの事を詳しく説明していきますね。

 

 

 

そもそもドメインって?

 

domain-names

 

 

 ドメインは英語表記ですと『domain』となります。一般的に領域を表していて、生物学や数学、地理学でも使用されています。またホームページなどの他にコンピューターの識別にも使われています。ですがここでは『○○.com』に代表されるドメインについて述べていきます。

 

 

 このドメインというのはIPアドレスとの密接な関係にあるんです。このIPアドレスですが、現在は主に使用されている『IPv4』というアドレスと、今後主流になるであろう『IPv6』という2つの規格があります。

 

 

IPv4アドレス例:216.58.197.3

 

IPv6アドレス例:2001:A3:22:59:3BC:11:FZ14:4B1D

 

 

 これは『IPv4アドレス』が枯渇(こかつ)状態にあるためです。まだ『IPv6アドレス』は一部で試験的に行われていますが、将来は『IPv6アドレス』になっていくでしょう。

 

 

 このIPアドレスはコンピューターにとってはとても判りやすく、人間にとっては覚えづらく大変不便な数列です。それを覚えやすく扱いやすくしたのが『ドメイン』です。そしてIPアドレスとドメインを自動で変換してくれるインターネット上の『DNS(ドメインネームシステム)』なんです。

 

 

同じドメインは二つとして存在しない

 

And-without-two

 

 

 ホームページやコンピューターに割り当てられている『IPアドレス』ですが、これも同じものは存在しません。社内など組織のコンピューターがネットワークごとに同じIPアドレスを使用しているケースもありますが、これはインターネットと接続した時に別のIPアドレスが使われるので重複しても問題がないのです。

 

 

 同様にドメインにも世界中に同じものが二つと存在しません。中には『○○△.com』と『○○△.jp』の様に非常に良く似ているドメインもあります。しかし『○○△』が例え同じであっても『.com』と『.jp』が違う様に、『.(ドット)』の前の文字列が一緒でも全く違うドメインになるのです。

 

 

ブログカード

 

 

 ちなみに『.jp(ドットジェーピー)』は日本(japan)を表しています。これは国別コードと呼ばれていて、その国/地域に在住している団体/個人でないと取得できません。それに対して『.com』は商用で世界中の誰でも個人でも団体でも取得できます。

 

 

 『○○△』に入る英語は大文字と小文字の区別をしません。大文字であろうが小文字であろうが、同じ文字列であれば同じドメインとなります。中には大文字と小文字を混在させているドメインもありますが、小文字のみで表記しているドメインと同じものになります。間違えやすいので注意が必要です

 

 

サブドメインとサブディレクトリ

 

sub

 

 

 『サブドメイン』と『サブディレクトリ』という言葉は聞いたことがあると思います。もしまだ聞いたことも無いという場合には、この機会にきちんと把握しておく事をおすすめします。

 

 私のホームページで説明をさせて頂きます。『https』の後ろにある『faint.online』ドメインですが、これを『ルートドメイン』もしくは『独自ドメイン』と呼びます。
根本に当たる部分です。あなたが今後ドメインを購入するのでしたら『○○.net』や『○○.biz』などの『ルートドメイン』を購入する事になります。

 

 

sub-domain

 

 

 この『○○』の部分は自分の好きな文字で決める事が出来ます。使用可能な文字は半角英数字と『-(ハイフン)』です。最近では日本語の漢字やひらがなもドメイン名として使用する事が出来ます。

 

 

 この『独自ドメイン』の前に『sub.』などのもう一つ付けたのが『サブドメイン』です。これは新たなサイトのURLとして認識されます。ホームページなどのサイトを複数利用する場合などに用いられます。この『サブドメイン』を作るには『独自ドメイン』の所有者でないと権限がありません。また新たにドメインを購入しなくて済むので費用が掛からないというメリットがあります。

 

 

 

 

 『サブディレクトリ』は、『ルートドメイン』の後ろの『/(スラッシュ)』の後ろにくる、例『sub/』の様なものです。これは『ルートドメイン』の階層(ディレクトリ)を表している通り、『ルートドメイン』の下に位置づけられます。具体的には『カテゴリ』や『問い合わせページ』、ブログの『記事』に当たります。

 

 

 なので『サブディレクトリ』は、階層が下になればなるほど『/(スラッシュ)』が付き、その後ろにご自身が決めた文字列や規則正しい番号が並ぶのです。

 

 

 以上が『サブドメイン』と『サブディレクトリ』の違いになります。どちらも『ルートドメイン』『独自ドメイン』から派生しているのです。

 

 

ドメインの種類

 

type

 

 

 先程『○○』の部分は任意の文字列をご自身で決められるというお話しをさせて頂きました。組み合わせを考えると無数に存在しますが、あまり長いものはおすすめ出来ません。閲覧者にとっても分かりづらいものになってしまいます。

 

 

 あなたがやろうとしている事、または会社名、事業者名などが望ましいでしょう。また日本語でもドメインは作れますが、こちらもおすすめは出来ません。サイト訪問者にとってすぐに認識してもらえるというメリットはありますが、メールアドレスが作れないのです。折角ドメインを取得したのにメールが使えないので残念ですよね。またサーバーの中には日本語ドメインに対応していない所もあります。

 

 

 『ドメイン』のの後半部分には様々なものが存在しています。前述した様に『.com』は企業や商用利用目的です。『.net』は主にネットワークサービスを提供する利用目的です。『.org』は主に非営利団体での利用目的です。中には『.tokyo』や『.nagoya』などの地名もありますし、『.blue』や『.pink』などのカラーもあります。

 

 

 

 

 『食』を中心にしたサイトや『カフェ』を目的にしているのでしたら『.cafe』や『.cooking』もあります。また美容系でしたら『.style』や『.salon』というのもあります。

 

 

 一度決定したドメインを変更するのは、マイナスな事があまりに多いです。また現在使用されている『ドメイン』は使えません。残念ながら早いもの勝ちなのです。ですので、良〜〜〜〜く考えてから決める様にしてくださいね。

 

 

まとめ

 

thank-you

 

 

 『ドメイン』について解説をしてきました。
理解はして頂けましたでしょうか。

 

 

 ホームページやWordPressでのブログを検討しているのでしたら、『独自ドメイン』の購入を検討してみてください。世界で一つだけのあなただけの『ドメイン』になるわけですからね。

 

 

 くれぐれも早計な決断で決めないでください。中には数十円や数百円と安価な『ドメイン』も存在しますが、翌年からは更新料が掛かります。『ドメイン』の更新料が遅れると一所懸命に育ててきたサイトが水の泡と消えてしまう危険性があるからです。

 

 

 ですがきちんと更新料を支払っていれば、そんな事にはならないですよ。私も『独自ドメイン』を取得したから、あなたに読んでもらえているのです。
感謝感謝です。
→サーバーとは何なのか?わかりやすく解説します


Present

トップへ戻る