ヘッダー画像

向上編

やる気を出してモチベーションを上げる最もシンプルな方法

 「やる気が出ないな~」「やらなきゃいけないんだけど・・・」「モチベーションが続かない」などなど、あなたにも経験があるでしょう。そんな時どうしてますか?やらなきゃいけないんだけど、どうしても腰が重い。行動に移せない。明日にするか・・・無理無理無理。

 

 気がつくとボーッとして、時間だけが経ってたなんてこともしばしば。こんなに勿体ない事はないですよね。

 

 そこで『やる気を出してモチベーションを上げる最もシンプルな方法』をお伝えしていこうと思います。では早速いってみましょう。

 

やる気を出す方法:褒める

 

Like Me!の文字と親指と立てた手

 

 そもそも『やる気はない』のに、『やってしまう』『やり続けられる』ものがあります。人それぞれですが、好きな人が出ているテレビやYou Tube等の動画、趣味やゲームなど、楽しいと感じるのでついついやってしまうものです。

 

 本来やらなければいけない事を放っておいて、こういった行動をしてしまうと、後々罪悪感にさいなまれるかもしれません。ですが後の祭りです。後悔したって仕方がありません。落ち込むのはやめましょう。

 

 この様に私達は『無意識』で動かされている部分があるのです。勉強をしなきゃ、仕事をしなきゃいけないのに、横にある雑誌が気になる。ついついスマホを確認してしまう。手に取ったら最後、あっという間に時間は過ぎ去ってしまいます。私も学生時代に何度となく繰り返してきました。そりゃ勉強しないんですから、赤点だらけになるわけです。(笑)

 

幸せな人生を送れないのは自分の嘘が原因である

 

 こんな時に『報酬』があると、やる気が出るというのを見かけます。例えばテストで良い点が取れたり、仕事で臨時ボーナスが出たなどです。苦しい経験の後に報酬があると、やる気が出るというものです。確かにそうなんですけど、この外的要因がモチベーションの鍵にならない人もいるのです。

 

 どういう事かというと、私みたいな人です。「別に良い点が取れなくてもいいや。」ってタイプです。はっはっはっはー。臨時ボーナスも金一封もいらないから、この仕事をやりたくないって考え方の人です。こういうタイプには外的要因である報酬は無意味なんですよ。

 

 

 間違えてほしくないのは、報酬が無意味だということではなく、報酬がやる気に繋がるタイプもいるという事です。アスリートなどに多いのですが、世界一位や新記録などが報酬に当たるわけです。そこを目指してもっと頑張ろうってなるはずです。

 

 ただ私の様なタイプには向きません。どちらかというと内的要因が『やる気』『モチベーション』に繋がるのです。これはやるべき事の意味づけを自分でします。「将来の自分に役に立つ」とか「自分が必要とされている」というものです。

 

 そこで大切になってくるのが、『自分で自分を褒める』やり方です。あれっ、どっかで聞いたことがあるような・・・。

 

 何もしなくて構いません。机に向かって座るだけです。時計とにらめっこもしてはいけません。何も考えなくても良いです。しばらくそのままでいてください。そして時計を見ると3分や5分と時間が経っているでしょう。別に1分でも良いのです。その時間椅子に座っていられた事を褒めるだけです。

 

嘘と間違いだらけの世界で、あなたはどう生きていきますか?

 

 算数や数学の問題を一問解く、漢字を一つだけ書く、Wordを立ち上げて一行書いてみる。たったこれだけです。「すっげー、一問出来た。」「うわー、漢字を書けた。」「一行書けた。」と、実感します。そして出来た自分を褒めましょう。すると心の中で嬉しさを感じるはずです。そしてこれを繰り返していきます。自分で無意識をコントロールするんです。

 

 これをすることで、気づかないうちにやるべき事が達成されています。注意点ですが、親や友人が褒めても意味がありません。それは外的要因になるからです。自分で自分を褒めるのが重要なんです。

 

モチベーションを上げる方法:楽しむ

 

水しぶきと髪を振り乱してはしゃぐ楽しそうな女性

 

 前述した様に自分が楽しいことは、無理なく何時間でもやれますよね。つまりモチベーションを上げるには、楽しむ事が最も大切なんです。「なに言ってるんだよ。楽しくないから、やる気が出ないんだよ。」・・・ごもっともです。

 

 しかしあなたの『やらなければいけない事』は『本当にやるべき事』ですか?

 

・仕方がないからやっている事ではないですか?
・怒られたくないからやるのですか?
・それをやる意味はなんですか?
・自分のためになりますか?
・それでも「やらなきゃ」って言いますか?

 

 ちょっと考えてみてください。

 

 今日が人生の最後の日だとして、今日これからやることは本当にやりたいことか?もし、何日もの間「NO」という答えが続いた時は、何かを変えなければならない。Stay hungry, stay foolish.(ハングリーであれ、バカであれ)

引用元:スティーブ・ジョブズ

 

 胸に刺さりませんか?やりたくない事をやって、より賢くより安全安心な道を歩こうとすると、人生は一気につまらなくなるのです。やりたい事をやる。もしくはやるべき事を楽しくする。以外にないんじゃないかと思います。だって今日が最後の日だったとしても、それをやるべきなんですか?

 

 だったら楽しみましょうよ。心も時間も勿体ないですよ。つまらなくするのも楽しむのも自分次第なんですから。

 

 

 私は先日、You Tubeデビューしましたが収益化など雲の上だし考えないでも書いた通り、You Tubeを始めたんです。このサイトの記事を書くのもYou Tubeも楽しくてやっています。全然お金にはならないですけどね。(笑)ただあなたや多くの人が喜んでくれたら嬉しいなと思ってやっています。

 

 必然的に楽しいからモチベーションは上がります。だからモチベーションを上げるには、楽しむしかないんです。

 

やる気・モチベーションとの関連

 

それぞれ関連しているパズル

 

 もしかしたらやる気が出ない、モチベーションが上がらないのは、自己否定をしているからかもしれません。思考や意識の重要性を認識してもらえたら、あなたの中で何かが変わるかもしれませんよ。

 

・アファメーション

 

 また論理的な思考に陥っているせいで、直感が上手く働いていないせいかもしれません。自分を客観的に見るのも、やる気を出すには凄く有効な手段です。

 

・直感を信じろ

 

 さらに現状のままで満足しているからかもしれません。やりたくてもやる気が出ない。行動を起こすモチベーションが下がっている。これは変わりたいと思っていないからです。もしかしたら勇気が足りないのかもしれません。

 

・勇気

 

 最後に未来が見通せていないせいかもしれないです。今だけを考えていると『苦しい』『辛い』『面倒くさい』が先行してしまいます。しかし将来の事を考えることが出来れば、現在のやる気・モチベーションは変わってくるのです。

 

・損して得取れ

 

 これらの事は直接繋がっていないかもしれないですが、やる気やモチベーションの参考になれば幸いです。

 

まとめ

 

GOALの文字のOの部分が的になり矢が刺さっている

 

 やる気を出してモチベーションを上げる最もシンプルな方法は、『自分で褒める』と『楽しむ』ってことです。他にも目標を高く掲げるとか、紙に書き出すとか、他人に公言するとか、運動するとか、部屋を片付けるとか、本当にいっぱいあると思います。

 

 そっちの方が合っているんだったら、そちらでも構いません。ただ今回は最もシンプルな方法を紹介したかったので、この二つにしました。

 

 また関連しているページも紹介させてもらいました。あなたの人生の向上に少しでも貢献出来たら幸いです。最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

 

おすすめ記事

1

   真実を知る覚悟はありますか?いま、あなたの勇気が試されています。     覚悟・勇気が無いのでしたら即座にこのページから離れる事をおすすめします。ネット上に多数存在する楽しい ...

2

   人が生きていくために『人間関係』は切っても切れない問題です。友達との繋がりや人間関係に疲れたら取るべき行動はこちらに書きました。    友人・知人、または学校での教師や同級生 ...

-向上編
-, , , , ,

Copyright© オトナの生き方メソッド , 2020 All Rights Reserved.