header

生活編 自己改善

今日から実践できる人生の成功法則『損して得取れ』

更新日:

 もう見たまんまです。記事タイトルで全てが理解出来ますよね。
こんな判りきった事を書くのは『いまさら』感がプンプンしていますよね。(笑)

 

 ただちゃんと理解していない人や、実践できていない人、もしかしたら知らない人、否定的な人のために書いた方が良いかなと思いました。すでに成功している人は、読み飛ばして頂いて結構です。そうでないなら・・・

 

 

貧乏から抜け出せない

 

 

 私の知人に本業のためにアルバイトをしている人がいます。その本業は、不定期に入っていきますし、雀の涙ほどの収益しか出ない時もあるので、生活のためにアルバイトは欠かせないのです。正社員や派遣社員では、日程の調整が難しいためにそうしています。そんな生活なので収入は乏しいです。生活は常に苦しく、ご飯をまともに食べられない日もたまにあるみたいです。いくつになろうが夢を追いかけている姿は、輝いて見えるので決して否定はしません。

 

 成功したら良いなぁと思っていますが、かなり難しいでしょう。何故なら貧しいのは収入だけではなく、心が貧しいんです。自分の事を第一優先に考えて、他人を蹴落としてでも成功しようとしています。私は何度か話しをして、考え方を変えた方が本人のために良いと伝えてきました。
 しかし彼は、私の言う事を頑として聞き入れてくれません。いや~おっさんになると頑固になってしまうんですね。要注意です。私も頑固にならない様に肝に銘じないと・・・。

 

 彼は困っている人がいても見て見ぬふりをします。彼にお金が無いのは周囲の人達は知っていますから、お金を出せとは言いません。でも手を貸すくらいは出来るだろうと忠告をしても、「俺がやる事じゃねぇだろ!困っている奴の責任だろ!」と言う始末です。

 

 まだ若かった時代、私や周囲の人達は彼に何度か手を貸しました。しかし彼の考えは変る事がないので、次第に周囲の人達は彼から離れていきました。いまでは助けれくれる人がいなくなり、ほぼ孤立している状態です。

 

 彼は『自分の得を優先して損をした』のです。もちろん本業の方も残念ながらパッとしません。

 

起業に失敗した例

 

 

 次にもう一人の知り合いの話しです。彼は以前の会社で一緒に働いていた人です。彼は能力が高く、仕事をバリバリこなしていました。私よりも10歳ほど年下だったのですが、尊敬できる存在でした。

 

 そんなある日の事です。私は報告を受けました。あるお客さんが背中を押してくれて、口利きをしてくれるので独立をすると言うのです。彼には数名のお得意さんがいました。誰かは分からないですが、その中の一人が起業するように勧めてきたんだそうです。相談ではなく報告だったので、頑張ってほしいと彼に伝えました。

 

 それからおよそ一年後のこと、風のうわさで彼の現状を知ることとなるのです。始めは順調にいっていたのですが、段々と経営が悪化していったとの事。彼は元々仕事は出来るタイプでしたが、すぐに手を抜くタイプでした。本人曰く『効率化』だと言っていましたが、傍から見ているとどうやったら楽に仕事が出来るかばかりを考えていたんです。

会社に入って働いてはいけない|誰も教えてくれない真実の話

     真実を知る覚悟はありますか?今あなたの勇気が試されています。 覚悟・勇気が無いのでしたら即座にこのページから離れる事をおすすめします。 ネット上に多数存在する楽しい記事を ...

 『いかに楽をするか』『どうしたらもっと自分の得になるのか』を考え、同じ納期・同じ金額をもらう相手に対して、質の悪い仕事をするようになっていったのです。当然お客様は不信に感じ始めます。「あれっ、おかしいな。」「こいつ手を抜いているんじゃないか。」と。

 

 彼のお得意さんだった方々は、どんどん離れていきました。二回、三回と仕事の依頼をしてくれていたお客さんからの注文がピタッと来なくなります。誰だってそうですよね。同じ金額を支払っているわけですから、クオリティの高い方へ依頼をしたいと考えるわけです。

 

 このままの状態が続いたら経営が成り立たなくなると考えた彼は、もっと酷い結果を生み出す行動に出たらしいです。それは『値上げをした』です。

 

 金額の設定は本当に鍵になる部分です。自分たちの収益が低くなったからといって値上げをするのは、逆効果になるのは火を見るよりも明らかです、それからしばらくして仕事の依頼は全て無くなりました。新規で営業をしても誰も見向きもしてくれなかったそうです。

 

 廃業をしたらしく元同僚に聞いたところ、電話番号も変更して今どこで何をしているのか分からないとの事です。彼もまた『得を取ろうとして損をした』パターンです。

 

『損して得取れ』は仕事だけじゃない

 

 

 『損して得取れ』は、仕事だけの話しの様に感じますが、決してそんな事はありません。
人間関係・プライベートでも同じ事が言えます。『損して得取れ』は絶対的な原理原則なんです。

 

 私達は呼吸が出来ないと死んでしまいますよね。呼吸が出来たとしても大気中の酸素量が少な過ぎると死んでしまいます。これは変わる事のない絶対だと誰でも知っている事です。これに異論を唱える人はいないでしょう。え?反対します?しないでしょ~。

 

 『損して得取れ』はこれと一緒なんですよ。別に宗教やスピリチュアル、超常現象とかの話しをしているんではないですよ。強いて言えば「だってそうなんだもん。」です。科学的に実証されていなくても、絶対なんですよ。だって科学が追いついていないだけなんですからね。(ちょっと話しが逸れてしまいそうだ・・・。また別の機会に。)

 

 

 私達は一人では生きていけません。相手がいるから生きていけると言っても過言ではないでしょう。
その相手に対して優しくすれば、その優しさは巡り巡って自分に返ってくるのです。何倍にもなって直接返って来る時もあるでしょう。

 

 他人に対してどれだけ優しくなれたかで、自分というものが形成されるのです。しかもそれは態度や次の行動に表れます。そして人相にも表れるのです。これは恐ろしい事ですが、真実です。

 

具体的には

 

 

 では具体的にどうすれば良いのでしょうか。よく例として取り上げれるのが、友人にお金をあげたものとして貸したり、後輩に食事をおごったりなどがあります。何週間後とか何ヶ月後とかに実感しづらいでしょうが、将来的にあなたの得になる事は間違いありません。

 

 またビル・ゲイツをはじめ海外の成功者たちは、こぞってボランティアやチャリティー、募金活動に尽くします。例えば女優のアンジェリーナ・ジョリーは、難民問題に積極的に取り組み、自身が訪問して支援活動をした国と地域の方々との全てを日記にして本として出版しました。その売上金の全てを寄付したんです。歌手のエルトン・ジョンは、HIV感染で友人を亡くした事をきっかけに、NPO団体を設立します。そして毎年多額の寄付をしています。

 

 他にもレオナルド・ディカプリオやサンドラ・ブロック、オーランド・ブルーム、エマ・ワトソン、ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、テイラー・スウィフト、レディ・ガガ、ケイティ・ペリー、マドンナなど多くの俳優や歌手たちが寄付をしています。

幸せな人生を送れないのは自分の嘘が原因である

   あなたは幸せな人生を送っていますか? もしそうでないのでしたら、『自分の嘘』が原因の一つでしょう。    誰でも『幸せになりたい』と思うはずです。 反対に『不幸になりたい』な ...

 彼らは寄付の金額ばかりがメディアで取り上げられがちですが、そうではありません。慈善団体の設立・運営をしたり、現地に赴いたり、支援をしたり、直接問題解決のために尽力しています。その行動全てが『損して得取れ』なんです。

 

 そして『得』として返ってくるのは何もお金とは限らないのです。『損』するのもお金でなくても良いのです。金銭的に裕福な人達は寄付などの選択肢もあるかと思います。しかしお金を掛けなくても良い方法があるんです。

 

 それは何でも構いません。例えば

 

他の人に道を譲る
落ちているゴミを拾ってゴミ箱へ捨てる
エレベーターのボタンを押してあげる
進んで嫌な事をする
荷物を持ってあげる

 

など何でも良いのです。

 

 自分の事ばかり考えて何も行動を起こさないと心も生活も貧しくなってしまいます。
「偽善だ」「売名行為だ」「綺麗ごとだ」「面倒くさい」と文句ばかり言っている人は、結果的に損をしている事になるんです。他人を蹴落として自分の事しか考えない様な人は、自分が優位な立場になると思ってしまいがちですが、反対なんです。どんどん損をして惨めな人生を送る事になってしまいます。

 

まとめ

 

 

 本当に『損して得取れ』は、今日から実践できます。そしてこれが人生の成功法則なんです。私みたいなおじさんの事は信じられないかもしれません。私の事は信じなくても良いです。でも『損して得取れ』は信じてください。実感しづらいかもしれませんが、必ずあなたに良い結果をもたらしてくれるでしょう。

 

 お金を掛けるだけが『損』ではないのです。ちょっと手を貸す。ほんの少しの時間を費やす。心を配りをするだけで良いのです。まさしく今日から実践できるのです。

 

 明日のために『今日から』また『今から』が大切なんです。
一緒に幸せを掴みにいきましょう。

 

おすすめ記事

1

   あなたは幸せな人生を送っていますか? もしそうでないのでしたら、『自分の嘘』が原因の一つでしょう。    誰でも『幸せになりたい』と思うはずです。 反対に『不幸になりたい』な ...

2

     真実を知る覚悟はありますか?今あなたの勇気が試されています。 覚悟・勇気が無いのでしたら即座にこのページから離れる事をおすすめします。 ネット上に多数存在する楽しい記事を ...

3

   人が生きていくために『人間関係』は切っても切れない問題です。 友人・知人または学校での教師や同級生、先輩や後輩付き合い。職場での上司や同僚との付き合いです。ご近所の付き合いもありますし ...

-生活編, 自己改善
-, , , , , , , ,

Copyright© オトナの生き方メソッド , 2019 All Rights Reserved.