header

生活編 自己改善

幸せな人生を送れないのは自分の嘘が原因である

更新日:

 

 あなたは幸せな人生を送っていますか?
もしそうでないのでしたら、『自分の嘘』が原因の一つでしょう。

 

 誰でも『幸せになりたい』と思うはずです。
反対に『不幸になりたい』なんて考えている人はいないでしょう。
でも辛く・苦しい人生にしているのは、『あなた自身』なんです
それでは一つずつ見ていきましょう。

 

 

不等号(ふとうごう)

 

 

 『幸せ』の反対語は『不幸』です。同じく『不幸』の反対語は『幸福』です。
当然の事ながら小学生でも分かります。しかし本当にそうでしょうか。

 

 正しくは
“幸せの反対語は幸せではない。”
“不幸の反対語は不幸せではない。”

になります。

 

 何が言いたいかというと、『幸せではない≠不幸』ではないという事です。
例えば休日に家族でドライブに行ったとします。目的地に到着する前に交通事故に遭ってしまいました。これは不幸です。
もしくは目的地に到着して一日楽しんだ帰り道に、交通事故に遭っても不幸です。

 

 これがもし交通事故に遭わずに、一日満喫して無事に帰って来られたら『不幸せではない』となります。
私達は、この状況を『幸福』だとは中々感じられません。それは事故に遭わない事を当たり前だと思っているからです。


 では何故『事故に遭わない事を当たり前だと』思ってしまうのでしょうか。
それは日常の何も起きない状態を『当たり前』だと勘違いしているからです。
この『不幸せではない状況』が『幸せ』とイコールではないという事です。

 

 何も起きない日々に幸せを感じ、ありがたく感謝をする事が非常に難しいですよね。
私も「あ~今日も一日終わっちゃったな。」程度です。(笑)
日々に感謝して生きていきたいんですけどね。

 

幸せの定義

 

 

 幸せになるためには、どうすれば幸せになれるのかを知っていなければなりません。
道筋も知らず、やり方も分からなければ『幸せになりようがない』のですから。
何も分からずにオリンピックの金メダリストになった人がいない様に、知った上で努力をしないと幸せにはなれないでしょう。

 

 ですがここに問題があるんです。はっきり言いますね。『幸せの定義』は存在しないのです
いえ本来は存在します。要は人それぞれだという事です。ですがそれが、あなたに当てはまるかどうかは不明だという事です。


 具体的には、お寿司を食べて幸せを感じる人、ケーキバイキングで幸せを感じる人、一人でキャンプをする事に幸せを感じる人などと人によって様々です。
お寿司を食べて幸せを感じる人にケーキバイキングに連れて行ったところで、幸せを感じるどころか不快にさえ思うでしょう。
この様に幸せを感じるのは、人それぞれだという事が分かります。要は万人に当てはまる幸せの定義は存在しないという事です

 

 以上の事から不幸な事は大抵の人に当てはまりますが、幸福は一人一人違うのです。
そして幸福でない状態は、イコール『不幸』という事ではないという事が分かると思います。

 

恐ろしい自分の嘘

 

 

 自分が不幸だと感じている人の多くは、上記の方程式を知らない人、または知っていても納得したくない人です。
知らない人は今回知る事が出来たので、今後の人生は違ったものになるでしょう。

 

 しかし納得したくない人は自分に嘘をついている人なのです。こういった人は『AだからBが出来ない』と考える事が非常に多いです。
例えば「俺が出世しないのは、会社や上司が見る目がないからだ。」とか「オーディションに受からないのは、プロデューサーの責任だ。」などです。

 

 

 こういったケースは、原因をきちんと見極められずに他者に原因があると思い込んでいます。
『出世が出来ない=不幸だ』この不幸の原因は、上司の見る目がないからだ。だから自分はいつまで経っても出世が出来ないんだと。
そもそも出世しない事は、不幸な事ではなく『幸せではない』だけなんです。そして幸せではない事は、当たり前の状態なんです。それを納得しない、納得したくないという事です。

 

 出世しないのが幸せではない、そして出世したい(幸せになりたい)と本気で考えるのであれば、他人に責任を押し付けるのではなく、自分と真正面から向き合いましょう
何が足りないのか、どうすれば良いか、いつまでに結果を出すか、それに対して自分が納得出来るかを考える事です。そうする事によって確実に自分に嘘をつかなくなります。

 

 現状を不幸だと感じる人は、自分に嘘をつき、他人のせいにして、結局何も変わりません。
そして恐ろしいのは、この状況に気づかないので、次には他人に嘘をつき、他人を傷つけ、益々状況は悪化していくという事です。

 

原因と結果

 

 

 犯罪は絶対に良くない事ですが、ここに一人の男性がいたとします。彼はお腹が空いていて、お金も無かったので空き巣に入りました。
盗んだお金で胃袋を満たしましたが、後日警察に捕まります。取り調べで彼は「お金もなくお腹が空いていたので泥棒に入った。」と供述したとします。

 

 一見すると彼の事情からしょうがないかと、世間の同情を引きそうですがそうではありません。
彼も知らず知らず自分に嘘をついているのです。お金が無いのも事実でしょうし、お腹が空いていたのも事実でしょう。
しかしそれが原因ではないのです。同じ状況の中、犯罪を犯さない人は何万人もいます。彼の言い分が正当化される事は絶対にあってはならないのです。

 

 お金が無くお腹が空いているのでしたら、まず働き口を探します。給料が出るまで待てないのでしたら、日雇いの仕事をすれば良いのです。
また何らかの理由で働けないのでしたら、空き缶や空き瓶を収集して売ればお金になります。それも出来ないのでしたら物乞いをすれば良いのです。
または道行く人に声を掛け「何か食べさせてください。」と頼めば良いのです。何十人と断られるでしょうが、誰かは手を差し伸べてくれます。

格差問題は本質を見抜かないとダメな人間になる

     近年では格差社会の問題について騒がれています。 そもそも格差とは何なのか。なぜ格差は起こるのか。格差を無くすにはどうすれば良いのか。また格差による二次的被害等について深く ...

 プライドが高いのか、そんな努力はせずに自分の欲求のためだけに犯罪に走ってしまう。なんとも愚かな行為です。
しかも「お腹が空いた」と言い訳をして、自分に嘘をつくのです。本当の原因は、自分が怠慢だからです。
怠慢が原因で犯罪を犯したと本人が認めたくないからなんです。

 

 幸せではない状況は誰にもあります。その本当の原因を見抜けずに、目的のために間違った原因をこじつける。
こんな事では、いつまで経っても幸せになんかなれないんですよ。

 

まとめ

 

 

 幸せな人生を送るのは、あなたです。これは誰にでも与えられた特権です。
しかし自分に対して嘘をつくのは、自ら幸せから遠ざかっているようなものなんです。

 

 政治が悪いだの、社会が悪いだの、学校が悪いだの、友人が悪いだのは、ただの言い訳なんです。
そんな言い訳をしているのは、自分が守られている気になっているだけなんです。
傷つきたくないだけで何もしていません。

 

 幸せな人生を送るためには、自ら考え努力し行動に移す事なんです。
不幸せな人生を送るのもあなたです。幸せな人生を送るのもあなたです。
やるもやらないもあなた次第なんですよ。取り敢えず今日から嘘を止めましょう。

 

おすすめ記事

1

   あなたは幸せな人生を送っていますか? もしそうでないのでしたら、『自分の嘘』が原因の一つでしょう。    誰でも『幸せになりたい』と思うはずです。 反対に『不幸になりたい』な ...

2

     真実を知る覚悟はありますか?今あなたの勇気が試されています。 覚悟・勇気が無いのでしたら即座にこのページから離れる事をおすすめします。 ネット上に多数存在する楽しい記事を ...

3

   人が生きていくために『人間関係』は切っても切れない問題です。 友人・知人または学校での教師や同級生、先輩や後輩付き合い。職場での上司や同僚との付き合いです。ご近所の付き合いもありますし ...

-生活編, 自己改善
-, , , , ,

Copyright© オトナの生き方メソッド , 2019 All Rights Reserved.