ヘッダー画像

生活編 自己改善

人生において絶対に読むべき本のご紹介

 

 世界中で大ベストセラーになったので、もうすでに読んでいるかもしれません。

 

 それは『チーズはどこへ消えた?』です。

 

 もしあなたがまだ読んでいないのでしたら、この本はおすすめします。絶対に読んでおくべき本だという事です。

 

 それでは詳しく解説していきます。

 

『チーズはどこへ消えた?』のあらすじ

 

 

 この物語は二匹のネズミ『スニッフ』と『スカリー』、そして二人の小人『ヘム』と『ホー』が登場します。

 

 舞台は自分たちの居住地である迷路の中。そこは至る所に、チーズが隠されているのです。

 

 二匹と二人は家を出て、毎日チーズを探し求める日々でした。そんなある日、ステーションCという場所で大量のチーズを発見します。

 

 これが、ネズミと小人の行動や思考に変化をもたらすのです。

 

 スニッフとスカリーは朝早くから家を出て、せっせとステーションCに向かいます。

 

 しかしヘムとホーはステーションCのそばに引っ越しをし、朝はゆっくりと過ごし昼過ぎにチーズへと向かう様になるのです。

 

 チーズのある場所が分かったので、二人は今までの様にチーズを探さなくてよくなりました。


 そんな時に事件が起きます。あんなに大量にあったチーズが消えてしまったのです。

 

 実際にはチーズが消えたのではなく、彼らが食べた結果無くなっただけなんですけどね。

 

 二匹のネズミはステーションCを見つける前と同様に、一日中チーズを探して迷路の中を走り回ります。

 

 しかし二人の小人は「そんなはずはない」「無くなった原因を探ろう」として、ステーションCから離れようとしませんでした。

 

 今日こそはきっと、大量のチーズが置いてあるだろうと確認するだけの日々です。

 

 そして、とうとうホーはステーションCから離れる決心をします。

 

 反対するヘムを残して、迷路の中へ駆け出していきました。

 

 さて二匹と二人は、無事にチーズを手に入れる事が出来たのでしょうか。

 

人生に置き換えて

 

 

 『チーズはどこへ消えた?』は物凄くシンプルでいて、しかも人生を明確に示しています。

 

 一時間もあれば、読み終えてしまうほどの作品なんです。

 

 チーズとは一体何なんでしょうか?
人生の成功?
高額な収入?
素敵な恋人?
大切な家族?
人としての豊かさ?
幸せ?

 

 

幸せな人生を送れないのは自分の嘘が原因である

 

 それは読む人によって様々だと思います。人生において物事は変化し続けます。

 

 それは突然起こる事もあるでしょうし、変化する前に現象が表れる事もあるでしょう。

 

 変化を予期することが出来れば、対処の仕方も考えられます。ですが突然の変化にはどう対処すれば良いのか・・・。

 

 とてもページ数が少ない本ですが、この『チーズはどこへ消えた?』は、三章の構成になっています。

 

 この本を読んだ大人たちによる、ディスカッション形式もあり、「自分はどのタイプだ」「あいつはヘムそっくりだ」とか話し合っています。

 

 まだの人には、是非読んでほしいのですが、あなたは『スニッフ』『スカリー』『ヘム』『ホー』のどのタイプに近いですか?

 

 

 迷路は、まるで私達の人生そのものだと私は感じました。

 

 右へ行くのか左へ行くのかは、選択するべき方向を表しています。

 

 人生で後戻りが出来ないと、後悔している人が多いですが、絶対に後戻りが出来ない選択などそうそうありません。

 

自分の頭の中で「後戻りが出来ない」と、勝手に決めつけているに過ぎないのです。

 

絶対に読んでほしい理由

 

 

 あらすじに書いた内容は、極々一部を切り取った前半部分です。当然の事ながら大切なのは後半部分に書かれています。

 

 そして実際に読んで、あなたに体感してほしいのです。

 

 人は他人から言われた事や、教えられた事を忘れやすくできています。

 

 しかし自分で体験した事や、自分で調べた事は、なかなか忘れないのです。なので是非読んでほしいと思っています。

 

自分を変えたい人に必要なのは、ちょっとした勇気です。

 

 また登場人物たちの名前にも、意味があります。

 

 まずネズミの『スニッフ』とは、匂いを嗅ぐ・嗅ぎつけるという意味があり、変化を敏感に察知するタイプです。

 

 スニッフの嗅覚で、チーズが徐々に減っている事に気付くことができ、その後の行動に素早く移す事が出来たのです。

 

 ネズミの『スカリー』とは、急ぐ・素早く行動するという意味があります。

 

 彼の迅速な行動により、チーズの無くなったステーションCに留まる事を回避する事が出来たのです。

 

 小人の『ヘム』は、囲む・閉じ込めるという意味があります。

 

 変化に対して一番対応出来ないタイプです。頭の中には「なぜ」「次こそは」「何とかなる」でいっぱいになり、行動に移す事が出来ません。

 

 時には他人に責任転嫁するのも、このタイプです。

 

 小人の『ホー』は、驚きや喜び・笑うという意味があります。

 

 彼はネズミ達から小さな変化に気付く事、物事を複雑にせず柔軟に対応する事など多くを学びました。

 

 そして最も大事な事『最大の障壁は、自分自身の中にある。自分が変わらなければ何も好転しない。』を教えてくれているのです。

 

 どうですか。あなたの周りにも似たような人がいませんか?

 

まとめ

 

 

 人生において、絶対に読むべき本のご紹介をさせて頂きました。

 

 変化とは、いつでも誰にでも起こりえます。時には災難な事もあるでしょう。

 

 しかし怯えてばかりいて、その場に居座り続けても、天からチーズは降ってきません。むしろ行動しなければいけないのです。時には暗闇の中を。また恐怖の中を。

 

 

 しかし変化に対応して行動した人だけが、新しいチーズを見つける事が出来るのです。

 

 私の出来るのはここまでです。どこまで行っても最後は『あなたの自由』です。選ぶのも選ばないのも、あなたの選択次第です。

 

さあ、あなたは『チーズはどこへ消えた?』を読みますか?それとも読みませんか?

 

おすすめ記事

1

     真実を知る覚悟はありますか?いま、あなたの勇気が試されています。    覚悟・勇気が無いのでしたら即座にこのページから離れる事をおすすめします。   ...

2

   人が生きていくために『人間関係』は切っても切れない問題です。    友人・知人、または学校での教師や同級生、先輩や後輩付き合い。職場での上司や同僚との付き合いです。ご近所の付 ...

-生活編, 自己改善
-, , , , ,

Copyright© オトナの生き方メソッド , 2020 All Rights Reserved.