header

ネットビジネス 構築編

目的を明確にする事で達成率が格段に変わるのを知っていますか?

更新日:

 

 

 あなたは『目的』と『目標』の違いが分かりますか?
同じだと考えている、もしくは違いが分からなければ損をしていますよ。

 

 

 スポーツでも、抱えている仕事でも、趣味でも、新たなビジネスでも同様の事が言えます。そしてホームページの作成に対しても、目的を明確にする事は非常に大切になってきます。では一つずつ抑えていきましょう。

 

『目的』と『目標』の違い

 

 

 啓発本や仕事術の本には、よく『目的』は『ゴール(目的地)』であり、『目標』は『指標・目印』と書かれています。

 例えば駅までの道を聞かれた時に、到達するべき『駅』が『目的(地)』であり、そこまでの信号やお店・建物などが『目標』とされます。

 

 これも間違いではありません。ごもっともですし、全くその通りです。否定するつもりはありません。

 

 

 ですがそれは“道を聞かれた人”にとっての話しですよね。聞かれたのは『駅までの道』なのですから、駅が目的(地)になります。

 反対に“駅までの道を聞いた人”にとっての目的(地)はどうでしょう。確実に『駅』が『目的(地)』ではないはずです。

 

 

 駅に辿り着き、電車に乗って別の駅から本来の『目的(地)』へと向かいます。しかも到着した事がゴールではありません。そこで人に合ったり、スポーツをしたり、食事をしたり、映画を観る事こそが『目的(地)』なのです。

 

 人に訪ねて教えてもらった「二つ目の信号を左」「タバコ屋の角を右」は『目標』です。そして辿り着いた駅、電車に乗って到着した駅も『目標』なのです。

 

具体的な事例

 

 

 『目的』と『目標』が判った所で、もう少し具体的に話しを進めていきましょう。一昔前には『成田離婚』(古い)という言葉もありましたが、最近の離婚率は非常に多く社会問題にもなっています。その原因の全てが『目的』と『目標』の違いだとは言いませんが、原因の一つになっていると私は考えます

 

 「どうしても○○歳までに結婚したい。」という女性は『結婚=目的』になっているんじゃないでしょうか。結婚をした事で目的を達成していますから、何もない日常に刺激を求めたり、結婚生活に不満を感じる。新たな目的も見つからない。そんな理由で離婚になっている事柄もあるかと思います。実は単なる『目標』を『目的』だと間違って認識しているのです

 

 こういった事例は数多く存在します。

  • ・プロの選手になるのが『目的』になっている。
    ・大学入学が『目的』になっている。
    ・会社の売上が『目的』になっている。
    ・大好きな人と付き合う事が『目的』になっている。

 この様に『目的』と『目標』は明らかに違うものなのです。『目標』が『目的』になっていると、達成率は高くなるでしょう。しかし本来の『目的』が無いので、そこまでで終了してしまう可能性が高いのです

 

 『目的』は、『夢』と非常に近いですが、『ゴール』なんです。イチロー選手は、アメリカ・メジャーリーグのピート・ローズ選手の記録を超えて、日米通算4257安打の会見で以下の様に発言されています。

 

ここにゴールを設定した事がないので、実はそんなに大きな事という感じは全くしていないんですけど。
チームメイトだったり、記録の時はいつもそうですけど、ファンの方だったり、ああいう反応してもらえると、
すっごく嬉しかったですし、まっそこですね。
それが無かったら何も大したことないです。

 

 また

 

野球が上手くなりたいんですよね。まだ。そういう実感が持てたら、嬉しいですね。
それは数字には現れづらいとこですけど、これはもう僕だけの楽しみというか、僕が得る感覚ですから。
ただそうやって前に進む気持ちがあるんであれば、楽しみはいくらでもありますから。
ベストに近づけるように頑張りたいですね。

 

 と、仰っています。
「野球が上手くなりたい。まだ。」って、私なんかにしたらビックリ仰天ですよ。
えええええ!!!!!まだ???上手いんじゃないの???」と思ってしまいます。

 

明確にする

 

 

 イチロー選手は、『目的』を、ものすごく高い所に設定しています。具体的な説明はされていませんが、『目的』を明確にされています。そのための『目標』も明確にされているのです

 

  『目的』然り『目標』も明確にする事が非常に重要です。漠然としていたら、目的達成するどころか何も変わりません。

 

 何をいつ迄にどうやって達成するのか。そのためには“今”何をやるべきかが重要なんです。時間は無限ではありません。限りがあるのです。

 

 限られた時間の中で“今”何をするのが適切なのか。どうする事が最適なのか。そのためには『明確な目標』が必要になってくるのです。

 

 

・今日中に資料を書き上げる
・二時間でこの仕事を終わらせる
・三日で絵を完成させる
・日曜日までに一曲作る

 

 など、あくまでもこれは『目標』です。小さく区切られた『目標』のために“今”何をすれば良いのかを考える様にしましょう。そうしなければ“あなたの壮大な目的を達成する事は出来ないのですから”

 

まとめ

 

確認事項

 『目的』と『目標』を間違えない。
『目的』を明確にして高い所に設定する。
『目標』を明確にする。
『今やるべき事』を考える。

 

 これをする事によって、あなたの目的達成率は格段に変わるでしょう。抽象的な考え方や漠然とした思いでは、目的は達成しないのです。

 

 

 何年後または何十年後に他人に対して

「夢を持つのはバカバカしいよ。夢は覚めるものだから。」

「人生は安定が一番だよ。」

「努力しても報われないよ。」

「目的も目標もたてない方が身のためだよ。」

なんて言う駄目な大人にはならないでください。

 

 だってそういう発言をしている人は、“やらなかった人”なのですから。出来なかったんじゃありません。“やらなかった”のです

 

 間違った大人の意見を聞く必要はないです。それこそ『時間の無駄』ですよ。

 

 

おすすめ記事

1

     真実を知る覚悟はありますか?今あなたの勇気が試されています。 覚悟・勇気が無いのでしたら即座にこのページから離れる事をおすすめします。 ネット上に多数存在する楽しい記事を ...

2

   人が生きていくために『人間関係』は切っても切れない問題です。 友人・知人または学校での教師や同級生、先輩や後輩付き合い。職場での上司や同僚との付き合いです。ご近所の付き合いもありますし ...

-ネットビジネス, 構築編
-, , , , ,

Copyright© オトナの生き方メソッド , 2019 All Rights Reserved.