ヘッダー画像

構築編

SEO対策には“誰”が“何”を求めているのかを知る事が大切です

 

 あなたが発信する情報や、作ろうとしているホームページは、誰に向けているものですか?ビジネスの成功もしくは起業をするのに必要な条件を明かします

 

 将来的にビジネスに繋げるためにも、“誰”が“何”を求めているのかを知る事は、非常に重要になっていきます。目的を明確にする事で達成率が格段に変わるのを知っていますか?

 

 多くの人は勘違いをしていたり、独りよがりに陥っています。そんな状況ではアクセスも上がりませんし、そもそも見てもらう事も出来なくなってしまいます。

 

 今回はSEO対策にとっても大切な事を説明していきたいと思います。

 

ホームページがブログ化

付箋に書かれたBlogの文字

 

 あなたは得意なものや、知っている事をホームページに載せていきます。趣味のサーフィンでも良いですし、節約術でもリフォーム施工でもパン屋さんでも何でも構いません。

 

 その情報は『特別』なもので、他との差別化になります。

 

 ですが発信している情報は合っていますか?「多くの人に見てもらいたい」という気持ちで、ごちゃごちゃしていませんか?

 

 

 あの情報も載せたい。」「この間の息子の運動会も載せよう。」「美味しかったラーメン屋さんも載せよう。」などとしていたら雑記ブログになってしまいます。

 

 色んな情報を載せたいのなら、それ用のブログを書くようにした方が良いですよ。

 

 対策として一つのテーマに沿った『特定』『専門的』『特化型』のホームページの方が良いとされています。

 

 なのでホームページ作成の時には、テーマを絞って掲載するようにしましょう。

自分を変えたい人に必要なのは、ちょっとした勇気です。

 

ターゲット層を決める

群衆の前に六人のビジネスマンのシルエット

 

 一人でも多くの人に見てもらいたい気持ちは、痛いほど良く分かります。

 

 実際に私もそうですし、ブログやホームページを作っている人は、皆そう考えるはずですよね。そのためにはSEO対策の鍵となるキーワードの選び方!も重要です。

 

 ですからより多くの情報を、広く浅く載せる傾向にあるんです。しかしそっちの方が却って(かえって)失敗をしてしまいます。

 

 それは何故かというと、的を射るためには的をちゃんと把握しないといけないからです。

 

目的を明確にする事で達成率が格段に変わるのを知っていますか?

 

 “下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる”ということわざがあるので、当たるかもしれないと考えるかもしれません。

 

 ですが仮に当たったとしても、それはまぐれで当たっただけなのです。次に当たるのは1年後か10年後か、もしくは二度と当たらないか・・・です。

 

 的はというと、それが“誰”です。

 

 あなたの情報は“誰”に向けているものでしょうか。
30代~50代の男性ですか?
中高生ですか?
20代の女性ですか?

 

 つまり『ターゲット層』を明確にする事が非常に重要になってきます。

 

毛量の多い人に、カツラを勧めても購入はしてくれません。
結婚している人に、婚活サイトを見せても何もありません。
満腹な人に、食べ放題のチラシを見せても拒絶されるだけです。

 

 この様に“誰”を決める事で、あなたのホームページの閲覧数は大幅に変わってきます。

 

年代はいくつくらいか?
性別は?
居住地はどこか?
何にお金を使うのか(趣味・旅行・ファッション・自己投資など)?

 

 あなたのやろうとしているホームページと、ターゲット層がマッチしていないと意味がありません。

 

 広く設定しても逆効果になってしまいます。出来るだけ狭く絞り込むようにしましょう。

抱き合う笑顔の姉妹
友達との繋がりや人間関係に疲れたら取るべき行動

 

“何”を求めるのか

木で造られたサイコロに書かれたWHATの文字

 

 “誰”が決まったら次は“何”を求めているのかを知る事です。

 

 ホームページの情報は往々にして独りよがりに陥りやすいのです。何故かと言うと視点が『自分』だからです。

 

「これがおすすめですよ。」
「こっちの方が良いですよ。」
「期間限定でお得ですよ。」

 

 などの情報は一見すると良さそうに見えます。ですが、閲覧してくれたお客様の目線ではないのです。ユーザーは『知りたい』んです。

 

 例えば一口に『ダイエット』と言っても数多くありますよね。
二の腕を細くしたいのか。
ウエスト周りを細くしたいのか。
お尻を小さくしたいのか。
二重あごを改善したいのか。
楽をして痩せたいのか。
など様々です。

 

しかも食事で改善したいのか。
運動で改善したいのか。
サプリメントで効果を出したいのか。
リバウンドしない方法を探しているのか。
と、多岐にわたります。

 

大人の言う事を聞くからダメな人間になる本当の話し

 

 こういった“何”を求めているのかを、知っているのと知らないのでは天と地の差が出てきます。

 

 自分発信の言葉ではなく、ユーザーの立場に立って物事を考えてみましょう。新たな発見をする事でしょう。

 

 

ペルソナの設定

ヨーロッパのペルソナの仮面

 

 ところでペルソナという言葉を聞いた事がありますか?

 

 本来ヨーロッパでは、舞台俳優は仮面を被って芝居をしていました。その仮面の事を『ペルソナ』と呼びます。

 

人間関係を上手に進める本当の意味での対等とは?

 

 後に精神科医で心理学者でもあったユングは、人の外的側面(言葉は悪いですが『外面(そとづら)』)の事を『ペルソナ』と呼ぶようにしたのです。

 

 以降、心理学では頻繁に使われる言葉になりました。

 

 そして近年ではビジネスの分野で“架空の人物”の事を『ペルソナ』と呼ぶようになってきました。

 

 この架空の顧客を明確にする事で、販売やマーケティングに活用する一つの手法です。これを『ペルソナの設定』と言います。

 

 あまり難しい事を書いても仕方がないので、簡略しますね。(笑)

 

 ターゲット層は、あくまでも『層』なので大まかなグループの事です。それに対してペルソナは、一個人を架空で設定する事です。

 

 

 『氏名』『年齢』『居住地』『職業』『家族構成』『性格』『価値観』などを事細かく決めていきます。

 

 このペルソナによって、この人が望む商品の開発を具体的にしたり、チームで取り組む際には、対象が明確になるというメリットがあります。

 

 また余計な無駄を省く事にも繋がります。考えの無駄、時間の無駄、自分本位の発想の無駄などです。

 

 この様にペルソナを設定する事で、普段何を考えているのか、どういう生活を送っているのか、何が欲しいのかを的確にする事が出来ます。

 

 最初は大変で面倒くさいかもしれませんが、ペルソナの設定は成功の近道になるので、可能な限りやるようにしましょう。

 

 

まとめ

大きな歯車とSearchEngineの文字

 

 ホームページを大勢の人に見てもらうためにも、特定のテーマに絞る事。

 

 ターゲット層を決め、出来ればペルソナを設定し、顧客が何を求めているのかを知る重要性を書いてきました。

 

 これらをきちんと抑えておく事でSEO対策にもなっています。また重要なのが、SEO対策の鍵となるキーワードの選び方!です。

 

人生において絶対に読むべき本のご紹介

 

 “誰”が“何”を求めているのか。

 

 そうです。全てホームページを見に来てくれた人のためなのです。

 

 それが“全てあなた自身に返ってくる”のですから”、自分本位のホームページとは大きく違ってきますよ。

 

おすすめ記事

1

   真実を知る覚悟はありますか?いま、あなたの勇気が試されています。     覚悟・勇気が無いのでしたら即座にこのページから離れる事をおすすめします。ネット上に多数存在する楽しい ...

2

   人が生きていくために『人間関係』は切っても切れない問題です。友達との繋がりや人間関係に疲れたら取るべき行動はこちらに書きました。    友人・知人、または学校での教師や同級生 ...

-構築編
-, , , , ,

Copyright© オトナの生き方メソッド , 2020 All Rights Reserved.