header

人権問題編 社会問題

学校に行きたくないキミは次にどうするべきかを考える

更新日:

 

 「学校に行きたくない!」と本心を封じ込めて、何事もなかったかの様に日々の生活を送っている。親に迷惑を掛けたくないし、良い子供を演じ続けなければいけない。そう考えているキミへ。

 

 誰にも相談できずにこのページに辿り着いたのなら、一人で抱え込まずに一緒に考えていきましょう。

 

 

不登校の実態

 

 

 文科省による調査結果で平成29年度、小中学生による不登校児童数は、21万人以上となっています。これは年々増加傾向にあり今後も増えると予想されます。もしかしたらあなたも既にこの中の一人になっているかもしれません。近い将来この数字の中の一人に加わるのかもしれません。

 

 しかしこの数字は氷山の一角でしょう。欠席をしていなければ統計データには反映されませんし、虚偽の申告をしている学校もあるかもしれません。登校はしているが「本当は学校に行きたくない」と思っている子や、「毎日がつまらない」「授業に身が入らない」「教室以外の場所で自習をしている」という子もいるでしょう。なので実際の不登校問題は、この何倍にもなるでしょう。

 

 残念ながら不登校は、もっと根深く甚大な問題なんです。ですがもっと残念な事があります。それは多くの大人達が理解をしていないという事です。多くの大人達は社会人を数年経験すると、営業成績・業績や功績・利益追求の思考になっていくという事です。同僚と競わせて、他の支店と競わせて、他社よりも売上を上げるように注力する。つまり『数』です。例えば上記の21万人が19万人に変わったとしたら、回復傾向にあると安易に考えてしまうのです。

 

 

 

 

 不登校問題が解決した子も当然いるでしょう。しかしその陰で目に見えない数人の子が不登校予備軍になっているかもしれないのです。争点は、『一人一人の心』なんです。一人一人別々の人間なんです。原因も違えば抱えている状況も違うのです。それを数字が上がった下がったで判断をする大人達のなんと多い事か・・・。

 

 私は勉強が出来ず赤点が七つもあったので、追試、補習、追試、補習・・・の日々でした。運動も不得意だったので全校生徒のマラソン大会で下から数えて6番目の成績でした。(笑)当時は辛く学校に行きたくないと思っていた一人です。だから大多数の頭の固い大人達よりは、少しは気持ちを理解できるつもりです。まあ私の様な勉強も運動も出来ないという理由ではないでしょうけどね。

 

不登校は甘えなのか

 

 

 世間では「不登校は甘えだ!」「不登校は決して甘えじゃない!」という論争が起こります。これは先程の件と非常に良く似ています。物事を大きなカテゴリーに分けてしまっているのです。数字が上がるか下がるかで判断しているのと似ています。例えば「人間は悪だ」「人間は悪じゃない」という議論は無意味じゃないですか。だって結論は出ないわけですから。

 

 この様に『考えた気になって自分の意見を言う』だけなんです。はっきり言います。人間は日常生活ではあまり考えない生き物です。運動が不得手な私が言うのもなんですが、考える事は筋肉と一緒です。普段はあまり使わないで生活を送ろうとします。何故ならいざという時のために消費しない様にしているのです。そして考える力も鍛えていないと簡単に衰えていくのです。だから普段考えない人は、物事をざっくりとしか考えないのです。「ゆとり世代はダメだ」「年寄りはダメだ」「男は浮気性だ」「女の友情は存在しない」などなど

 

 近年でも痛ましい事件が数多く報道されています。強盗・詐欺・暴行・空き巣・痴漢など本当に胸が苦しくなります。これを受けて海外のメディアが「日本人は犯罪者だ」と報じたとしたらどう感じますか。嫌ですよね。そんな事はないと声高に叫びますよね。それと一緒なんですよ。物事を数種類に分けて、ひとまとめにして決めつける。普段考える作業をしていない人は「○○はこうだ!」として細かくは考えたくないんです。疲れちゃいますからね。

 

 甘えから学校に行かない子もいるでしょう。しかし甘えじゃなく学校に行けなくなる子もいるんです。なので『不登校児童』という括りで議論をする事は何の意味もないのです。要は一人一人と向き合って問題を解決するしかないんです。だって同じ人間なんてただの一人もいないのですから

 

大人という存在

 

 

 私のようなおじさんが言うのは本当におかしいですが、「大人の言う事を鵜呑みにするな!」「大人が正しいと思うな!」と言っておきます。全員ではないですが大多数の大人は、損得で判断して平気で嘘をつきますし、保身のために隠蔽をします。そのくせ子供達や部下には「嘘をつくな」「正直に話せ」と言ってきます。

 

 相手の話しもきちんと最後まで聞かず「言い訳をするな」「それは甘えだ」「学校に行くのは当たり前だ」「将来どうするんだ」とねじ伏せようとします。この時に声のボリュームを少し大きくして威圧的にしてくるのです。まさに動物と一緒です。相手よりも大きく吠えたら勝ちだと思いこんでいるのでしょう。国会中継を見ても討論番組を見ても分かると思います。メディアも編集出来るしカットも出来るので信用出来ないですけどね。

 

 勘違いしないでほしいのですが、世の中の大人全員がキミたちの敵だと言っているのではありません。そういうダメな大人があまりにも多いという事です。私だって聖人君子ではないですし、間違いや失敗は沢山してきました。

 

 例えば6・3年の合計9年間の義務教育ですが、大人は9年間も耐えられずに離婚をします。9年間の我慢出来ずに退職します。ところが言う事だけは一丁前なんです。その人それぞれの原因や問題があるので、やむを得ずの選択だったかもしれません。しかも離婚も退職も悪い事だとも思っていません。だったら子供達にもそういった選択肢を与えて良いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 別に学校に行く事だけが全てではないですし、目の前の問題をどうやって解決するかの方が重要だと思います。そしてその問題解決は学校では決して教えてはくれません。何故なら学校は『記憶力大会』だからです。近年では勉強や学習という言葉が、強制や詰め込みというニュアンスまでも含んでいるんです。私の子供の頃からそうでしたけど・・・あっ、だから私も勉強出来なかったのか・・・すみません。言い訳です。(笑)

 

 味方の大人もいれば、敵の大人もいるという事です。きちんと見極める力が必要になってきます。偉そうにしている大人もいますが、きちんと話しを聞いてくれて助言をくれる人もいます。極端な言い方をすれば、大人を利用してほしいと私は考えます。

 

 明るい未来、輝かしい将来があるキミたちのために大人はいるんです。ダメな大人は反面教師として学んで、とっとと切り捨てましょう。自分のためになる、信用のおける人の意見や考え方だけ取り入れるようにしましょう。

 

6個のアドバイス

 

 

行かないという選択肢

 

 残念ながら現時点で私はキミの『学校に行きたくない』理由や原因が分からない。申し訳ないと思います。これだけの事を書いておいて適切なアドバイスを与える事が出来ません。

 

 もし行きたくない理由が『甘え』なら「甘えるな!」で終わりです。でも原因は別で、いじめかもしれないし、人間関係かもしれない。もしかしたら教師からのセクハラかもしれないですよね。自分でも理由が分からないかもしれません。そんなキミに何を言っていいか私には判りません。

 

 ただ一つ言えるのは『行かないという選択肢』もあるという事です。決して「行くな」と言っているわけではないので要注意ですよ。私の知り合いで不登校だったのに今は社長をやっている人もいます。反対に不登校になってからずっとアルバイトで食いつないでいる人もいます。どちらが良いとか悪いとかの話しではなく、学校に行かなくなってからどうするのかが、になってくるんだと思います。

 

 「行かなければダメ」とか「義務だから」とかだけの選択肢だと押しつぶされちゃいますよ。行かないという選択肢も加えてはどうでしょうか。決めるのは自分です。

 

 

没頭するもの

 

 ここまで読んでくれたキミに感謝します。大勢の大人達に非難されるかもしれないし、炎上するかもしれません。下手したらコピペされるか、削除されるかもしれません。ですがキミにだけ、こっそり秘密をお伝えしたいと思います。

 

 この世界は無駄な事で収入になるという事です。「え?どういう事?」と思いますよね。言葉は悪いですけど、野球なんてボールを投げて打つだけですよ。サッカーなんてボールを蹴るだけですよ。(私にはどちらも出来ないですけどね。)それらを凄いプレーとして見せてくれる。見る人が見たら応援したくなる。興味のない人にはどうでも良い事ですけど、心を熱くしてくれる。それがお金になるんです。サッカーのメッシ選手なんて年収120億円以上ですよ。びっくりじゃないですか。

 

 だからキミが没頭出来るものを見つけるべきです。それで人の心を熱くしたり感動させればお金になるんです。イチロー選手も言っていました。野球が好きだから努力と思った事がないと。折り紙でも、裁縫でも、プラモデルでも何でも良いんです。人を感動させる一流になれば、将来の生活に困らなくなるんです。寝食を忘れるほど夢中になるものを一日も早く見つけてください

 

 

本を読む

 

 人はどうやら今の自分が最高レベルだと思いがちな所があります。簡単に自分が正しいと思ってしまいます。自分の思考に到達していない人を馬鹿にする傾向があります。でも思い出してください。3年前、5年前も同じ様な思考じゃなかったですか。そして今から考えるとなんて愚かだったと気づきませんか。

 

 人間一人の思考なんて、たかが知れているんです。勉強の出来なかった私が言うのも何なんですが・・・。それを補う一番の方法は本を読む事です。最近流行りの脳科学や心理学などは、新たな気付きの連続です。哲学や倫理学などは、物の見方が大きく変化しますよ。

 

 本を読むのが苦手だったらエッセイや短編の推理小説などから読み始めるのも良いでしょう。私も子供の頃は江戸川乱歩やコナン・ドイル、アガサ・クリスティばかり読んでいました。情報垂れ流しの現代では想像する事も非常に難しいんです。ですが読書は確実に想像力を鍛えてくれます。何でも構いません。読書をするようにしましょう。

 

 

悩まない

 

 考える事と悩む事の違いを把握していない人が多いんです。例えば「今日の晩ごはん何にしようかな」は悩みです。それに対して「今日はカレーにしようかハンバーグにしようか」は考えです。

 

 悩みは何も解決しないのです。「どうしよう」「どうしたら良いか」では、一歩も前に進んでいません。はっきり言って時間の無駄です。例えば一生が80年だとしましょう。キミが今10歳だとしたら残りは約25,550日です。仮に15歳だとしたら残りは約23,725日です。私なんて約10,000日しかないんです。なーーーーーー。

 

 悩んでいるなんて本当にもったいないですよ。しかも何日も悩むなんて・・・私に欲しいくらいです。悩むくらいなら『どうするか考えましょう』

 

 

考える癖をつける

 

 前述したように人は考えない日々を送り続けると簡単に衰えてしまいます。まるで宇宙旅行をしてきたみたいに立ち上がって歩く事も容易には出来ないのです。ただ考える事は見た目で判断出来ないので、判りづらいですよね。しかも本人は『考えている』と思っているから余計に厄介です。良く耳にしませんか「考えが足りなかった」「考えが甘かった」と。

 

 学校へ行くのか、学校へ行かないのか、他の選択肢を探すのか、私には分かりませんが、上記の言葉を吐くような後悔だけはしてほしくありません。自分もダメな大人の仲間入りをしてしまいますよ。

 

 一つヒントを出します。キミたちは算数を計算する時に計算式を書きますよね。けど多くの大人達は頭の中だけで考えるのです。途中で分からなくなっても紙に書こうとはしません。どういう事か分かりますよね。

 

 

目的のために行動する

 

 これが一番重要です。上記の事柄をやったとしても行動しなければ何の意味もありません。キミがどうなりたいのか、決定するのはキミ自身です。周りが何を言っても関係ありません。誰のものでもなく『キミの人生なんです。』

 

 三日坊主だって良いじゃないですか。三日坊主も10回やったら一か月分ですよ。とにかく熱中するものを見つけてやり続ける事です。

 

 はっきり言っておきます。行動しない奴ほど口が良く回ります。言ってナンボ。書いてナンボ。歩いてナンボ。動いてナンボです。私もここに書いていなければキミに伝わっていないのですから。好きな事に突っ走れ~。

 

 

まとめ

 

 

 おっさんの戯言(たわごと)かもしれません。説教じみていたかもしれません。上手く説明出来ていなかったかもしれません。その点は謝ります。ごめんなさい。私の力不足です

 

 ただキミには、無限の可能性があるのです。ほぼ無限ですけどね。だってアメリカ合衆国の大統領になるとか、イギリス皇室に嫁ぐとか無理ではないですけど、システムから変えていかなければいけないから、ちょっとむずかしいかな・・・。だから『ほぼ無限』です。

 

 それを大人の意見を真に受けたり、自分で壁を作って「無理でしょ」とか「失敗する」とかで、可能性を狭めるのはもったいない事です。私は学校に行きたくないというキミの気持ちを尊重します。応援します。いつでも相談にのりますよ。独りで抱え込まないでくださいね。

 

わずかな光に向かって突き進め!

 

おすすめ記事

1

   あなたは幸せな人生を送っていますか? もしそうでないのでしたら、『自分の嘘』が原因の一つでしょう。    誰でも『幸せになりたい』と思うはずです。 反対に『不幸になりたい』な ...

2

     真実を知る覚悟はありますか?今あなたの勇気が試されています。 覚悟・勇気が無いのでしたら即座にこのページから離れる事をおすすめします。 ネット上に多数存在する楽しい記事を ...

3

   人が生きていくために『人間関係』は切っても切れない問題です。 友人・知人または学校での教師や同級生、先輩や後輩付き合い。職場での上司や同僚との付き合いです。ご近所の付き合いもありますし ...

-人権問題編, 社会問題
-, , , ,

Copyright© オトナの生き方メソッド , 2019 All Rights Reserved.