ヘッダー画像

人権問題編

自殺はどんな理由があろうと絶対にしてはいけない

 

 自殺は自分で自分の命を断つ事である。そんな事は言われなくても判っているでしょう。

 

 警察庁の発表によると2018年の自殺者数は、20,598人となっています。ただ実際にはもっと多いでしょう。それは死体が発見された総数だからです。また死因が不明の遺体は、この中に含まれないからです。

 

 誰が何と言おうと自殺は絶対にしてはいけません!
詳しく見ていきましょう。

 

 

悲しく想う

金網にしがみつく悲しそうな少年

 

 日本では、把握しているだけで毎年2万人以上の方が、自殺で亡くなっているのです。これは極めて異常です。統計では9年連続減少とか言っていますが、数の問題ではないのです。

 

 人間を数字で数えて、「少なくなっているから良かった。」などの考え方が、もうおかしいんです。本当に自分がおかしいと感じていない人のなんと多いことか・・・。

 

 問題点に真正面から向き合おうとせずに、どこか他人事で総数が減ったから喜ぶなんてあまりにも愚かです。

 

 一人一人が生きていた人で、愛する人、愛されていた人、大切な人、家族、友人がいたはずです。

 

 例え孤独な人だとしても、私は心底悲しいです。会った事もないですし、その方の事を何も知らないですが、胸が張り裂ける想いです

 

人間関係を上手に進める本当の意味での対等とは?

 

 何に悩んでいたのかも分かりません。どんなに辛く苦しい経験をしてきたのかも分かりません。気持ちがわかるなんて綺麗事は、口が裂けても言えないです。だって分からないですから。

 

 出来る事でしたら、自殺という最悪の選択をする前に話しをしたかったです。そしてそんな考えが頭を過る人には、思い留まってほしいと考えます。

 

 こんなしょっぱいおじさんでは、何の助けにもならないかもしれないですが、話しを聞く事は出来ます。

 

 友達との繋がりや人間関係に疲れたら取るべき行動もあります。絶対に自殺なんて選択はしないでください。

 

 

被害者と加害者

ハットとサングラスをした三体のマネキン

 

 なぜ自殺はいけない行為なのかというと、日本の法律で『人を傷つけたり、殺めたりしてはいけない』と決まっています。

 

 もし違反をしたら、それなりの罰を受けなければなりません。改心して、もう二度と同じ過ちを犯さない様にします。

 

 しかし自殺は『自分が被害者であり、加害者なんです』加害者として罪を悔い改める事は、二度と出来ません。

 

 罰を受ける事もありません。亡くなった事で罪を償ったと誤解されがちですが、そんな事はないのです。罰を受ける責任や義務を、放棄しています。亡くなる事で全てが収まるわけではないのです。

 

 

 また被害者としてもそうです。悩んできた内容はいじめや恋愛、会社や借金など人それぞれあると思います。

 

 理由はどうであれ『本当の加害者』は、その後ものうのうと生きていきます。

 

 例えばいじめが原因だとした場合、本当の加害者はあなたが自殺をした所で何も変わらないのです。

 

 美味しいものを食べて、結婚をして家族を持ち、旅行や余暇を楽しみます。罰を受ける事もなく、数年も経てば何も無かったかの様な人生を送るのです。

 

 当然ながら被害請求も出せません。こんな理不尽な事が、平然と行われるのです。いじめの原因は勝手だ!対策と解決方法を伝授します

 

格差問題は本質を見抜かないとダメな人間になる

 

 問題は自分一人で抱え込まない事です。何故なら他に原因があるからです。原因を追求して改善する事で、問題は解決するでしょう。

 

 自殺を考える人の一つとして、視野が狭くなっているのがあります。まるでそれしか選択肢がないかの様に、勝手に思考してしまいます。

 

 あなたが思っている以上に、世界は広いのです。何億もの借金があっても、毎日笑顔で頑張っている人もいます。何十人に振られても、新たに大好きな人を見つける人もいます。いじめられたら学校や会社は辞めて良いんです。会社に入って働いてはいけない|誰も教えてくれない真実の話をお伝えします。
 あなたの命より大切なものなんて、そう無いですよ。もっと視野を広くしましょうよ。

 

サブスクの恐怖に気づかずにいつまで騙されるのですか

 

生まれ変わり

神殿の様な所で宙に浮かぶ男性のイメージ画像

 

 信じられないかもしれませんが、『生まれ変わり』はあると私は思います。世界中には数多くの事例があります。

 

 3歳の子供が、前世で自分を殺した犯人を言い当てて、遺体や凶器の隠し場所を語ったのです。その後犯人は自供をしました。

 

 また自分は数十km離れた村で、以前生活していたと話した4歳の子もいます。その子には絶対に知りえない村の詳細な情報や、家族構成などを話し出したと言います。

 

 村へ確認にいくと祖父母の名前や、母親であるという女性の癖、父親の仕事内容などピタリと言い当てたのです。

 

 これらの生まれ変わりとしか、説明のつかない事例は、本当に数えきれないくらいあるのです。

 

「ありがとう」は自分にとってもパワーワードって知っていましたか?

 何が言いたいのかというと、自殺をするとどう生まれ変わるのかという事です。

 

 分かりやすく人の一生を、一日として考えてみます。あなたは段差に躓き、前のめりに転んだとします。咄嗟に手を出しましたが、運悪く腕の骨を骨折してしまいました。病院へ行き治療をしてもらいましたが、完治までには数ヶ月掛かるとの事です。

 

 原因は躓いて転んだ事です。腕の出し方も悪かったかもしれませんし、カルシウム不足だったのも要因かもしれません。

 

今日から実践できる人生の成功法則『損して得取れ』

 

 当たり前の話しですが、その日は寝ても次の日に骨折は治っていません。翌々日も治ってはいません。一つの原因で、結果は長引く事があるのです

 

 これが生まれ変わりの話しに当てはめてみると、自殺をした原因は来世に結果として表れるという事です。そしてそれは長い事続くのです。

 

 生まれ変わり自体が科学で実証されていませんし、自殺をした人の生まれ変わりも実証されていません。科学も未発展で、全てが解明されているわけではありません。しかしこの仮説が正しかったとしたらどうでしょう。

 

  自殺という最悪の選択をした人は、来世には何になっているのでしょう。動物だと思いますか?昆虫ですか?植物ですか?それとも人間に生まれ変われますかね。

 

 人間に生まれ変わったとして、幸せな人生を送れますかね?骨折以上の最悪の選択を、自ら選んだ人の結果がどうなるかは・・・少し考えてみましょう

 

自己変革や自己肯定のプログラム|アファメーションとは

 

 これには、正解はありません。あったとしても私達には分からないでしょう。ただ正解に近い答えは導き出せるはずです。それは“絶対に自殺をしてはならない”という事です。

 

 

信じる力

太陽を掴もうとする左手

 

 「こいつは何の根拠もない事をダラダラ書いて何なんだ。」「妄想野郎か!」「バカじゃねぇの。」こういった意見があるのも当然でしょう。

 

 赤点だらけの学生時代を送った、ただのおじさんなんですから。学者でもなければ、教授や博士でもありません。肩書など何もありません。

 

 けど学者や教授、教師や政治家の『先生』と呼ばれている人の言う事は常に正しいのですか?肩書がついていれば良いのですか?彼らの言う事を鵜呑みにして、被害を受けるのはいつも我々です。大人の言う事を聞くからダメな人間になる本当の話しもあるのです。

 

 年金の恐ろしい実態|私達はこれからどう生きていけばいいのか考えなければいけません。国会も裁判も何かおかしい絶対に風化させてはいけない問題!もあります。税金は高くなる、給料も上がらない、生活は苦しいままです。何も変わらなければ、弱者はいつまで経っても弱者のままなんです。

 

会社に入って働いてはいけない|誰も教えてくれない真実の話

 

 私は例え綺麗事と言われても、偽善と言われても、最後まで闘います。本気で日本のみならず、世界中から自殺者をゼロにしたいと考えています。無理だと思ったら無理です。出来ると信じたら出来ます。海岸線の砂粒くらい微力かもしれませんが、何もしないよりはマシです。

 

 残念ながら「金を貸せ!」と、言われても私もありません。(笑)ビックリするほど貧乏ですよ。それでも明るく生きています。何の助言も出来ません。けど話しを聞く事は出来ます。

 

 冷え性なので、手足が異常に冷たいです。けど心は温かいですよ・・・たぶん。加齢のせいで左目だけが、二重になりました。(笑)けど、ちゃんと未来を見ています。

 

 

まとめ

HELPの文字の上から下の人を引っ張り上げるピクトグラム

 

 人は誰でも一度くらい「死んでしまおうか」と、頭を過るでしょう。それは至極真っ当な思考です。一度も思った事が無い人の方が、ちょっとおかしいかもしれません。

 

 昔から『シクシク(4×9)と泣いて36。ハッハッハ(8×8)と笑って64。合わせて100の人生だ。』と言われています。そりゃ苦しい事もあるでしょう。悲しい事もあるでしょう。そんな時は迷わずに逃げてください。

 

 逃げる事は恥ずかしい事ではありません。人生を自分の手で終わらせる方が、よっぽど恥ずかしくて、みっともない行動です。

 

 

 ・いじめが原因だったら学校を退学しましょう。義務教育でも行く必要がありません。
 ・パワハラが原因だったら退職しましょう。職業選択の自由がこの国にはあるのです。
 ・借金が原因だったら法的処置をとりましょう。保険金で何とかしようなんて考えは捨ててください。
 ・恋愛が原因だったら視野を広くしましょう。もっといい男、いい女は五万といます。

 

嘘と間違いだらけの世界で、あなたはどう生きていきますか?

 

 あなたは決して一人ではないのです。弱々しいですが、おじさんが付いています。どんな理由があろうと、絶対に自殺なんて愚かな行動はしないでくださいね。

約束ですよ。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

おすすめ記事

1

   真実を知る覚悟はありますか?いま、あなたの勇気が試されています。     覚悟・勇気が無いのでしたら即座にこのページから離れる事をおすすめします。ネット上に多数存在する楽しい ...

2

   人が生きていくために『人間関係』は切っても切れない問題です。友達との繋がりや人間関係に疲れたら取るべき行動はこちらに書きました。    友人・知人、または学校での教師や同級生 ...

-人権問題編
-, , , , , , , , ,

Copyright© オトナの生き方メソッド , 2020 All Rights Reserved.