ヘッダー画像

解決策編

免疫力をあげるとアトピーにも改善・効果がある

 

 私達は花粉やアレルギー物質、ウイルスや細菌など、外部からの刺激に常にさらされています。

 

 また風邪などの病気にかかる事もあるでしょう。そんな時に必要になってくるのが免疫力です。

 

 免疫力をあげる事で、外部からの侵入を防ぐだけでなく、人間が本来もっている自然治癒力を高める事にも繋がります。それによって病気やケガを未然に防ぐ、丈夫な身体を作る事が出来るのです。

 

 それでは、効果的なのはアトピーだけじゃない、免疫力をあげる方法を見ていきましょう。

 

 

がん細胞の数

 

 一般的に私達の身体の中では、毎日がん細胞が発生していると言われています。

 

 がん細胞の数は、書籍やサイトによって様々で、少ないもので数百個ほどと記載されていて、多いものだと数十万個だとも書かれています。

 

 人によって、多少の違いはあるかもしれませんが、数百~数十万個だとかなりの差がある様に感じてしまいます。

 

 それ以前に「どうやってがん細胞を数えたのか」と、不思議でしょうがないですよね。

 

 がん細胞は、その場に留まっていてくれるはずもなく、常時免疫細胞が退治してくれているからです。

 

 そんな状態で数を特定するなんて、不可能に近いと思ってしまいます。(笑)

 

かゆみの原因はストレス|知っておきたい5つの解消法とは

 

 おそらく計算式で出した“ざっくりとした数”なんでしょうね。

 

 でもですよ、一人一人生活習慣も違えば、何を食べたかも違います。身長も体重も違いますし、行っている仕事も様々です。

 

 ストレスのかかり方も違いますよね。だから一概に「がん細胞は一日に三千個ほど発生して、多い人だと一万個ほど発生しているんです。」なんて書かれても、なんだか信用できない感じです。

 

 嘘だとは言いませんが、私達を説得するために具体的な数字を出した方が、良いと考えたのかもしれません。

 

 数はどうであれ、ほぼ毎日がん細胞は我々の体内で、作り出されています。これは事実でしょう。

 

 

免疫力が下がると

 

 毎日の様に作られるがん細胞ですが、私達ががんに侵されていないのは、この免疫力が影響しているからです。

 

 身体の中にある免疫細胞が、発生したがん細胞を死滅させているため、発病しないのです。また外部からの細菌やウイルスの侵入を防いでくれています。

 

 主な免疫細胞は、マクロファージや樹状細胞(じゅじょうさいぼう)、T細胞やB細胞、ナチュラルキラー細胞などがあります。

 

 これらの免疫細胞の活動を活発にさせる事が、アトピーや花粉症、風邪やインフルエンザなどの予防になるのです。

 

反対に免疫力が下がると

※風邪をひきやすくなったり
※体調が悪くなったり
※便秘や下痢になったり
※花粉症やアトピーが悪化したり
※疲れやすくなったり
※睡眠障害が起こったり
※口内炎や肌荒れを起こしやすくなったり

します。

 

 現代病とも言えるストレスは、免疫力の低下の原因に大きく左右します。

 

 また運動不足も問題として挙げられますが、過度の運動も免疫力の低下を引き起こすのです。

 

 一流のアスリートは免疫力が低くなる傾向にある為、トレーナーの方や専属の医師と連携して、免疫細胞の活性化に尽力しているのです。

 

 

免疫力をあげるには

 

 免疫力をあげるというのは、具体的には免疫細胞を活性化して、活発に働いてもらう事を指しています。

 

 そもそもの免疫細胞の数、免疫細胞にとってのエネルギーの元となるもの、環境が関係しています。

 

 腸内環境を整える

 

 腸内には、多くの免疫細胞に大きく関わっているものが存在しています。いわゆる善玉菌です。この善玉菌を増やす事によって、免疫細胞を活性化しましょう。

 

 善玉菌を増やす方法として、ヨーグルト、キムチ、お漬物、味噌、納豆、鰹節などを食べるようにします。また青魚に多く含まれている、DHAやEPAを積極的に摂取するのもおすすめします。

 

 近年では、ちょっと高いですが人気になっている『亜麻仁油』も実に効果的です。亜麻仁油の主成分である『α‐リノレン酸』は体内に入る事で、DHAやEPAに変化するのです。この様な『オメガ3脂肪酸』を、毎日の食事に摂り入れる様に心がけましょう。

 

 腸内環境を整える事は、アトピーや花粉症の人に、とっても重要な点です。先人たちの知恵でもある日本食は、本当に理に適っているのです。

 

腸内環境で美肌?アトピーにも関係している?

 

 免疫細胞のエネルギー源

 

 免疫細胞を活性化するのに必要なのが、免疫細胞のエネルギー源です。主に良質なタンパク質、ビタミン、ミネラルを摂取するのが良いでしょう。

 

 玄米には多くのタンパク質、ビタミン、ミネラルが含まれています。白米は、ほとんどがでんぷん質です。なので出来れば白米よりも玄米の方が良いのです。

 

 我が家では、白米と玄米を半々ずつ混ぜて、炊いて食べています。噛みごたえもあり、外食などで白米だけのご飯だと、物足りなさを感じるほどです。

 

 玄米を食すようになって三年ほどになりますが、一度も風邪をひいていません。ちょっと体調がおかしいかなと思っても、夜に睡眠をとれば翌日には、すっかり元気になっています。

 

 他にはわかめ、昆布、ひじきなどの食物繊維や、ミネラルを多く含んだ海草類。しいたけ、舞茸、しめじなどのきのこ類も食物繊維やビタミンDを多く含んでいます。

 

 合わせて緑黄色野菜、オリゴ糖を摂ると、免疫細胞は活性化します。

 

 一概に「これを食べると良い」というのではなく、バランスの良い食事が良いのです。何を食べたら良いのか分からなくなったら、上記を参考にしてみてくださいね。

 

 免疫細胞の環境

 

 様々な書籍にも書かれていますが、『体温をあげる』ことは、免疫細胞を活性化させるのに非常に重要です。

 

 「体温を一度あげると○倍も免疫力があがる。」とか「体温が下がると○%免疫力が下がる。」なんて書かれていますが、これらの数字もざっくりしたものでしょう。

 

 具体的な数字を表記すると、読者には分かりやすいのかもしれませんが、私はどうにも信じ難いです。しかし○倍や○%は不明ですが、体温をあげると免疫力があがるのは確かな事です。犬でも人間でも、寒いより温かい方が活動的ですしね。

 

体温をあげる方法はいくつかあります。

※40℃ほどの湯船に10分ほど浸かる
※乾燥生姜で、ショウガオールを摂取する
※赤唐辛子のカプサイシンを摂取する
※適度なスクワットをして、血流を改善する

などがあります。

 

 体温をあげる事によって、免疫細胞の働きは良くなります。

 

 無理をせずに『過ぎたるは及ばざるが如し』ですので、ご自分に合った方法を、少しずつでも挑戦するのが良いでしょう。

 

 

生活環境を整える

 

 私達は、近代化が進み昔よりも歩かなくなりました。常にエアコンの効いた部屋で、仕事や勉強をする機会も多いです。

 

 好きな物を好きな時に食べる事も出来ます。電気の普及で夜でも明るく、何時まででも自由に起きていられます。

 

 こういった事で我々は弱体化していっています。毎日少しずつの事なので、本人は気づきにくいのです。これを改善するには、生活環境を整える必要があります。

 

 一日30分は歩くようにしましょう。人は歩かなくなる事で万病の原因となります。適度な運動やストレッチなどを、取り入れる生活に変えていきましょう。

 

 また食生活も重要です。免疫力をあげる食材を紹介しましたが、そればかりを食べているだけでは意味がありません。

 

 偏った食生活は、生活習慣病になりやすいのです。アルコールやタバコ、コーヒーなどの嗜好品、またインスタント麺やスナック菓子、肉類を摂るなとは言いませんが、摂り過ぎるのは身体に良いはずがないのです。

 

乾燥するとかゆみが増すこの時期の対策とは

 

 睡眠もまた重要な問題です。一日の平均睡眠時間が6時間以下の場合、身体を壊す事にも繋がりますが、脳が正常に働かないという問題も出てきます。

 

 また睡眠時間が長ければ大丈夫だとも言い切れません。質の良い睡眠が大切なんです。

 

 寝る前にスマホなどを見ていると、脳は休息する事が出来ません。浅い眠りは体内時計を狂わせます。良い睡眠をとるには、就寝前から始まっているんですよ。

 

 

まとめ

 

 アトピーや花粉症の人達にとって、アレルゲンを除去する事も重要ですが、免疫力をあげる事も重要です。

 

 免疫力をあげる事よって、改善・効果が期待できます。

 

  より良い明日の自分のためには、“いま”が大切です。無理のない範囲で免疫力をあげていきましょう。

 

おすすめ記事

1

   真実を知る覚悟はありますか?いま、あなたの勇気が試されています。     覚悟・勇気が無いのでしたら即座にこのページから離れる事をおすすめします。ネット上に多数存在する楽しい ...

2

   人が生きていくために『人間関係』は切っても切れない問題です。    友人・知人、または学校での教師や同級生、先輩や後輩付き合い。職場での上司や同僚との付き合いです。ご近所の付 ...

-解決策編
-, , , , ,

Copyright© オトナの生き方メソッド , 2020 All Rights Reserved.