ヘッダー画像

日常編

アトピー患者の正しいお風呂に入るためのガイドライン

 

 日本の水道水は塩素が入っています。そして塩素は、肌を乾燥させてしまいます。

 お肌のために入浴方法を見直してくださいね。

 

世界一安全な日本の水道水

 

 

 一昔前までは『水と安心はタダで買える』『世界一安全な水』と言われてきました。

 昨今では、ミネラルウォーターを購入して飲むのは当たり前。私のような昭和なおじさんには、考えられない状況ですね。(笑)

 

 ※日本の水道水と塩素を否定しているのではありません。

 確かに日本の各家庭に、水道が普及しています。蛇口をひねれば簡単に水が出てくる、世界一安全だと思います

 世界のあちこちでは水道はあるものの、煮沸しないと使用できないレベルや、水道が行き届いていない地域まであるのですから、素晴らしいですよね。

 

 それも、浄水場で塩素を加えて殺菌をしてくれているからです。綺麗な水を家庭に届けてくれるシステムです。

水素水はアトピーに効果がある?|実験しました。

 

塩素の役割と水道水の事情

 

 

 今では水道水は飲まないで、ミネラルウォーターを飲んでいる方々が大多数だと思います。

 中にはレンタルでの、水の宅配まであります。食事や飲料水はいいのですが、問題はお風呂です
 
 アトピー患者さん、乾燥肌の方や敏感肌の方には厳しいですよね。

アトピーは乾燥とアレルギーが大きく関わっている

 

そもそも塩素とは?

 

 

 殺菌作用の薬剤です。

かゆみの原因はストレス|知っておきたい5つの解消法とは

 

塩素が与える影響とは?

 

 

 大きく分けて3つあります。

 

◆人体に有害な場合がある
 健康な人であれば何も問題はないのですが、必要以上摂取すると喘息が誘発される可能性があります。

◆トリハロメタンの形成
 トリハロメタンとは、『塩素』と『有機物』が反応してできる、有機ハロゲン化合物の一種です。これは発がん性物質としても有名で、これからの夏場にとても多くなります。

◆カルキ臭
 あの独特の臭いですね。こちらは煮沸する事で無くなります。

乾燥するとかゆみが増すこの時期の対策とは

 

水道法施行規則第17条で決められている塩素濃度は?

 

 『浄水場から一番遠い蛇口から吐水される時点で、最低0.1ppm以上の濃度でなければならない。』としています。

 1ppmとは水道水1リットルの中に、1mgの塩素が入っている事なので、それの10ぶんの1ですね。

 

『プールでは0.4mg/Lである事。1.0mg/L以下である事が望ましい。』と定められています。
~細菌による汚染を防ぐため、塩素を用いて殺菌する。塩素が多すぎると刺激が強いため、上限が定められている。~

 

 私の若い頃は小学校のプールに塩素の固まりが投入され、それを潜っては拾い投げてはまた潜るという事をしてました。その時と近い濃度という事になります。

 また、お子さんが水泳教室に通いだしたら、皮膚の症状が悪化したケースも多く聞かれますね

 何故か?

 先ほど申し上げましたように『浄水場から一番遠い蛇口から吐水される時点で、最低0.1ppm以上の濃度でなければならない。』ですので、浄水場に近い地域や都市部では濃度が高い事になります。

日本酒のお風呂に入ってアトピーが劇的に軽減しました

 

この濃度の高いお風呂をどうにかするためには?

 

 

一、一番風呂は避ける。
 塩素の濃度が高いですから一番風呂はかなり刺激が強いです。「お父さん先にお風呂入って~」・・・ちょっと気になりますね。(汗)

二、ビタミンCを入れる。
 こちらは薬局で購入できる『アスコルビン酸 粉末』を入れる方法です。しかしこれは、入れ過ぎるとビタミンCの酸性で肌荒れが酷くなります。

三、炭を入れる。
 こちらは180リットルのお風呂に1kg~2kgの炭を入れなければならないそうです。バーベキューをやるわけじゃないので、そんなに炭を置いておけないですよね。

四、緑茶を入れる。
 これが今回お勧めする方法です。お茶の葉っぱのビタミンCと塩素が反応して塩素が除去されます。市販のペットボトルなどのお茶の成分を見てみると、原材料名の所に『ビタミンC』と書かれています。これは、製造過程で塩素により緑茶葉のビタミンCが無くなったので、後から足しているのです。

 

 やり方は簡単です。

 百円ショップなどで、ティーパックを購入して緑茶葉を入れます。

 それをお風呂の中に入れて、よくかき混ぜてから入ります。(入れるとか入るとか多くなってしまいました・・・。すいません。)

 

 ただ一つ注意点があります。
お風呂の栓を抜く時にはティーパックを取り出してくださいね。
排水管にお茶っ葉が詰まって業者を呼び、高額な請求をされてしまいますから。

 

 塩素はアトピーのみではなく、アレルギー疾患、乾燥肌などの多くの病気の要因として考えられているのです。

 大切な家族の肌のために、是非お試しくださいませ。

おすすめ記事

1

   真実を知る覚悟はありますか?いま、あなたの勇気が試されています。     覚悟・勇気が無いのでしたら即座にこのページから離れる事をおすすめします。ネット上に多数存在する楽しい ...

2

   人が生きていくために『人間関係』は切っても切れない問題です。    友人・知人、または学校での教師や同級生、先輩や後輩付き合い。職場での上司や同僚との付き合いです。ご近所の付 ...

-日常編
-, , , ,

Copyright© オトナの生き方メソッド , 2020 All Rights Reserved.