header

解決策編

アトピーとステロイドの関係で誤った情報に困惑?

更新日:

 

 ステロイドの誤解と副腎、副腎皮質ホルモンについて知っておいてください。ステロイドは治す薬ではありません。症状を抑えているだけなのです。強いレベルのステロイドを使用し続けていると恐ろしい結果になってしまいますよ。

 

 

ステロイドを使用すると副作用が恐いってホント!?

 

 

「ステロイドには様々な副作用があるので使用しない。」
「ステロイドを使い続けると皮膚が黒くなる。」
「一度使い始めたらやめられないんじゃないの?」

 とステロイドには多くの批判的な意見があります。

 

 これは何故でしょうか?

 

 

 1990年代に医師の指示に従わず顔に塗ったり、悪化した患者にステロイドのレベルを上げて使用させて、返って悪化してしまうケースがありました。

 

 その時にある番組のあるアナウンサーが「ステロイドは恐いのでとにかく使わない方が良い。」
と、視聴者をあおりました。するとマスコミが挙って(こぞって)「ステロイドは恐い。」「ステロイドは使用してはいけない。」と騒いだのです。

 

 

 これがステロイドバッシングです。

 

 これが人々の口コミにより広がりました。「あの人が言ってたよ。だから本当だよ。」「らしいよ~。恐いね~。」「うちもステロイドを使うのやめよう。」と。

 

 実は未だにこの情報が信じられていて、本来ならばステロイドを使用して、酷い状態の皮膚を改善した方が良い患者さんの治療が難しくなっているのです。

 

 またこの情報はインターネットを通して流ました。そこでは綺麗なサイトを作り、ステロイドは恐いからこの商品を購入しろだとか、このクリームにはステロイドが入っていないから安心ですとか・・・。これがアトピービジネスと呼ばれる悪徳商法です
 

 

そもそもステロイドとは何なのでしょうか?

 

 

 ステロイドとはホルモンの一種で、ステロイドホルモンと云います。これは腎臓(じんぞう)の上に1つずつある内分泌器官である副腎(ふくじん)から産生される副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンです。

 

 ステロイド外用薬にも、副腎皮質ホルモンと記入されてますよね。

 

 そうなんです。元々体内で作られているものなんです。

 

 この副腎皮質ホルモンは人間が生きていくうえで必要不可欠なものなのです。炎症の抑制、免疫機能維持、ストレスから身体を守るなどなどがあります。

 

 なので、悪いも何も自分の体内で作られ、なおかつ生命維持に必要なものなんですよ
 

 

 現在でもステロイドを避けて、悪徳商法に引っかかっている多くの方には、正しい知識を持って頂きたいと強く思います。

 

 このステロイド使用の仕方を間違えたり、レベルが症状に合わない時には副作用があるのも事実です。どんな薬でさえ副作用は大なり小なりあります。

 

 ですので、正しい病院と医師を見つけ、定期的に通院する事。悪化してから来院してもレベルの高いステロイドになってしまうので、自己判断ではせずに医師の指示にしたがった使用が大切です。

 

 近年では市販の薬にステロイドが使用されています。今後この傾向は高くなるでしょう。その時に自分のレベルに合わないステロイドを使用し続けると、それこそホントに恐い結果になるかもしれませんよ

 

 その他の薬と副腎については後日もっと詳しく書きますね。

 

おすすめ記事

1

   あなたは幸せな人生を送っていますか? もしそうでないのでしたら、『自分の嘘』が原因の一つでしょう。    誰でも『幸せになりたい』と思うはずです。 反対に『不幸になりたい』な ...

2

     真実を知る覚悟はありますか?今あなたの勇気が試されています。 覚悟・勇気が無いのでしたら即座にこのページから離れる事をおすすめします。 ネット上に多数存在する楽しい記事を ...

3

   人が生きていくために『人間関係』は切っても切れない問題です。 友人・知人または学校での教師や同級生、先輩や後輩付き合い。職場での上司や同僚との付き合いです。ご近所の付き合いもありますし ...

-解決策編
-, , , ,

Copyright© オトナの生き方メソッド , 2019 All Rights Reserved.