header

日常編

夏バテ・熱中症の予防と対策は症状が出る前に

更新日:

 

 梅雨もあけて夏本番といった所ですね。今年は記録的な猛暑になると予想されていました。また水不足も懸念(けねん)されています。

 

 そこで心配なのが、『夏バテ』『熱中症』です。これらの予防と対策は症状が出る前にしっかりとしておきましょう。

 

 

夏バテとは

 

 

 夏バテとは、本来は『夏に体力が弱った為に、秋口に体調を崩した事』を言います。ですので、夏の暑さによる『疲れがとれない』『食欲がなくなる』『よく眠れない』時の事は夏バテとは言わないんです。正式には『夏の体調不良』とでもいった所でしょう。ここでは『夏バテ』と言わずに『夏の体調不良』と呼ぶ事にします。

 

『夏の体調不良』にはこんなものがある

 

 

一、全身のだるさ【倦怠感(けんたいかん)】と疲れやすく中々とれない【疲労感(ひろうかん)】です。

 

 夏の体調不良の代表とも言えるのが、倦怠感と疲労感です。これをいつもの事と放っておくと、重大な病気のサインかもしれません。『貧血』『めまい』『発熱』『顔のむくみ』などがあった場合はすぐに病院へ行きましょう。

 

二、食欲不振

 

 冷房による免疫力の低下や、室内外の温度差による自律神経の乱れで、消化器官も弱くなり食欲不振になります。食欲が無いからといって、食事を抜くとエネルギー不足になり、益々(ますます)悪化します。もしくは熱中症になっています事も。食事はきちんと摂りましょう。

 

免疫力をあげるとアトピーにも改善・効果がある

   私達は花粉やアレルギー物質、ウイルスや細菌など外部からの刺激に常にさらされています。 また風邪などの病気にかかる事もあるでしょう。そんな時に必要になってくるのが免疫力です。 &nbsp ...

 

三、眠れない

 

 夜になっても気温が下がりにくく、風も吹いていないので、寝苦しい熱帯夜が続きます。これにより睡眠不足になってしまう事もしばしば。かと言って、冷房をつけたまま寝ると、次の日に倦怠感(けんたいかん)におそわれます。一体どうしたら良いのでしょうか?

 

四、汗をかかない

 

 一日中、冷房にあたっていたりして、上手く汗がかけなくなっている人がいます。汗には体内の熱を外へ逃がす重要な役割があります。冷房によって汗をかかないと、体温の調節が上手く出来ず、夜になっても体温が下がりません。なので余計に寝付きが悪くなるのです。

 

日頃から出来る予防法

 

 

一、ビタミンを補給しよう

 

 夏場は普段に比べてビタミンB1の消耗が激しく、不足しがちなります。大豆製品、豚肉、ごまなどでビタミンを上手に補給しましょう。

 

 またクエン酸と良質のタンパク質は疲労回復に役立ちます。クエン酸【レモン、梅干しなど】、タンパク質【卵、魚、牛乳など】を効率よく摂る事もおすすめします。

 

 

二、食欲がない時には

 

 昔ながらの先人の知恵は素晴らしいものがあります。わさびや生姜(しょうが)などの香辛料、ネギやみょうがなどの香味野菜は食欲増進します。冷奴(ひややっこ)は実に理にかなった食べ物ですね。

 

 お豆腐にネギ、みょうが、生姜、ゴマをのせて醤油(しょうゆ)をかければ、出来上がりです。特に食欲がない時には冷奴もいいですよね。

 

 また生姜焼きも栄養価も高く食欲も増進されますのでおすすめです。ちなみに我が家の生姜焼きレシピです。お店の味に負けないくらい美味しいですよ。

 

生姜焼きレシピ

◆醤油   大さじ3
◆酒    大さじ1
◆みりん  大さじ1
◆はちみつ 大さじ1
◆味噌   小さじ2
◆生姜   ひとかけ(すりおろしてくださいね。)

です。
 味噌を入れるのがミソなんです。(苦笑)生姜はチューブでもいいんですが、やっぱりすった生姜の方が美味しいです。

 

サプリメントは副腎疲労や夏バテ解消にも効果が

   ジメジメとした梅雨で夏バテ気味の方。あなたの副腎が疲労しているかもしれません。本格的な夏の前に要チェックです。     副腎疲労とは     「 ...

 

三、良質な睡眠をしっかりとる

 

 翌日に疲れを残さないためにも、質のいい睡眠をしっかりとる事が大切です。冷房はなるべく使用しない。扇風機は直接からだに当てない。冷房を使用する場合は事前に部屋を涼しくする程度にする。温度が約28℃、湿度が約50%~60%がもっとも快適だと言われています。

 

 それでも寝苦しい時には、冷卻マットなどのひんやりする寝具もおすすめですね。

 

熱中症とは

 

 

 『夏の体調不良』によって、食事を抜いたり、体内の水分が減っていたり、水分と塩分のバランスがおかしく、体温調節が上手くいかないと熱中症になってしまいます。身体に溜まった(たまった)熱が外に放出(ほうしゅつ)されず、体内にこもってしまう状態です。

 

 暑さに身体が対応しきれない時も、このような事が起きてしまいますね。日頃から暑さになれるようにする事も重要です。

 

 

水分を摂取する

 

 成人50kgの人の場合、一日に必要な飲み水の量は約1.2Lと言われています。ただし一気に1.2Lを飲んでも全ては吸収されません。こまめに飲む様にしましょう。

 

 もっとも水分が不足しているのが『起きた直後』と『入浴後』です。『起きた直後』にコップ一杯。『入浴後』にコップ一杯を飲む習慣をつけましょう。

 

 また入浴前や睡眠前、食事中にも摂るようにすれば、脱水症状にはなりにくいです。喉(のど)が乾いたと思ったら、それはもう脱水の始まりです。喉の渇き(かわき)を感じる前に飲むようにしましょう。

 

 追伸:1.2Lはあくまでも目安です。お茶やコーヒー、紅茶などのカフェイン飲料やアルコールを飲む時には、利尿作用が高いので、飲む水分量を増やしてくださいね。

 

最後に

 

 

・食事は抜かない。少量でも一日三食、食べるようにしましょう。
・ビタミン、タンパク質などバランス良く摂取(せっしゅ)しましょう。
・クエン酸や香味野菜で、食欲増進をはかりましょう。
・こまめな水分補給をきちんとしましょう。
・良質な睡眠を心がけましょう。
・体温調節に気をつけましょう。

 

 夏バテ・夏の体調不良・熱中症は予防できます。日頃の努力で暑さに負けず、夏を思いっきり楽しんでくださいね。

 

おすすめ記事

1

     真実を知る覚悟はありますか?今あなたの勇気が試されています。 覚悟・勇気が無いのでしたら即座にこのページから離れる事をおすすめします。 ネット上に多数存在する楽しい記事を ...

2

   人が生きていくために『人間関係』は切っても切れない問題です。 友人・知人または学校での教師や同級生、先輩や後輩付き合い。職場での上司や同僚との付き合いです。ご近所の付き合いもありますし ...

-日常編
-, , , , , ,

Copyright© オトナの生き方メソッド , 2019 All Rights Reserved.