ヘッダー画像

アレルゲン編

アトピーの原因は未だに分からないってホント?

 

 知っていましたか?アトピーの原因は未だに分かっていないということに。原因が分からなければ、どう対処していいかも分からないですよね。

 

 アトピー素因、IgE抗体、遺伝が深く関わっていると言われています。では、どうすれば良いのでしょうか。早速見ていきましょう。

 

 ※この記事は2016年5月に投稿していますが、2020年4月に追記・改稿をしています。

 

そもそもアトピー性皮ふ炎とはどういうものなのでしょうか?

 

シワシワな皮膚の象

 

 アトピーの名前は、ギリシャ語の『アトポス』(奇妙な、不特定の場所、謎)という言葉からきています。

 

顔のかゆみ、肌トラブルはストレスからきている

 

 1933年アメリカ人のザルツバーガーという皮膚科医が『謎の皮膚炎』という事で『アトピー性皮ふ炎』と名づけました。そうなんです。原因が『謎』なんです。

 

 それは現在もそうです。ある程度の事は分かってきてますが、詳しい原因は解明されていないのです

 

 日本皮膚科学会によると「アトピー性皮膚炎は、増悪(ますます悪くなる)・寛解(全治とまでは言えないが、病状が治まって穏やかである)を繰り返す、そう痒(そうよう)のある湿疹(しっしん)を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ。」と提言しています。そう痒とは、皮膚に発疹(ほっしん)や湿疹(しっしん)がないのに、かゆみが出るものとあります。

 

 おかしな事に気づきませんか?

 『そう痒は湿疹がないのに、そう痒のある湿疹を主病変・・・』『患者の多くはアトピー素因を持つ。』??

 そうなんです。日本皮膚科学会でも分かっていないのです。

 

アトピー肌の老化防止と効果的な対策とは

 

アトピー素因とは

 

唐辛子で表したHOT

 

・家系または両親、本人がアトピー性皮ふ炎、アレルギー性鼻炎、気管支喘息、結膜炎のうちどれか、もしくは複数かかっている。
・IgE抗体(免疫グロプリンE)を産生しやすい素因

 

 要約すると

・遺伝が関係してるよ。
・健常人も微量に持っているIgE抗体(体内に入ったアレルゲンに反応するタンパク質)を自ら生み出してるよ。

となります。

 

 

 健常人(アトピーじゃない人)でも微量に検出される???

 

 そうなんです。アトピーじゃない人でもIgE抗体はあるのです。

 

IgE抗体とは

 

ウイルスや菌を防ぐ手のひら

 

アレルギー物質が体内に入ったきた時に、身体を守ろうとする免疫機能の抗体です。そうなんです。人間誰しもが『IgE抗体』を持っているのです。

 

これはアレルギー検査によって判別する事が出来ます。そしてIgE値が高いからといって、アレルギーが起きるとは限りません。確かに高い値ですとアレルギー体質が疑われます。しかし高くてもアレルギー反応が出ない人もいるのです。

 

ですので『アトピー改善のためにまず最初にする事と理由』でも書いた様にアレルギー検査をする事をおすすめします。

 

本来は外敵から身体を守るはずの仕組みが、アレルギー反応として自分自身を傷つけてしまっているのです。普段何気なく食べている物が、実はアトピーの原因だったという事も起こるわけです。

 

まずは知ることから始めましょう。無知ではアトピーを改善させるどころか、闘うことも出来ないからです。下手をするとアナフィラキシーショックで、命に関わる事態になってしまいます。

 

治療には

 

犬の背中を治療している犬

 

前述した通り現在の医学でも、はっきり分かっていないのがアトピー性皮膚炎なのです。なので残念ながら完治させるという治療法はありません。

 

しかし症状を抑えて日常生活に支障がなく、薬に頼らずに維持する『寛解(かんかい)』というのを一つの目標とする事です。

 

アレルゲンはどこに潜んでいるか分かりません。私の様に食べ物にアレルゲンがある『食物アレルギーの恐ろしさをもっと多くの人は知るべき』の人もいるでしょうし、『アトピーとダニの関係は知らないと恐い本当の話』の様にハウスダストによって症状が悪化する人もいるでしょう。

 

実は『肌トラブルを改善するためにシャンプーの使用をやめてください』の様にシャンプーがアトピーを悪化させている事もあるのです。出来ればシャンプーをやめて石鹸にするのが望ましいでしょう。

 

また私は『日本酒のお風呂に入ってアトピーが劇的に軽減しました』。肌の乾燥ばかりに目がいって、『肌の乾燥を防ぐ対策は保湿?保水?それとも・・・』だけをしていても改善は難しいのです。

 

 

どれか一つや二つをしていても中々寛解にもっていく事は出来ません。アトピーは複雑に入り組んでいるからです。全てを一気に行うのは大変なので、少しずつやっていくようにしましょう。

 

最後に

 

絆創膏で作られたXの文字

 

アトピーの痒さは本人でないと分かりません。ご家族やパートナーの人も見ていて辛いでしょう。

 

腸内環境を整えることはアトピーの改善や美肌にも重要

 

ただ本人の努力や周りの人のサポートで、改善は可能なんです。決して諦めないでください。共に闘っていきましょう。

 

苦しいからといって魔法の様にパッと治るものは存在しないのです。そこにつけ込んでいる悪徳業者もいます。甘い言葉に騙されない様にしてくださいね。

 

 

おすすめ記事

1

   真実を知る覚悟はありますか?いま、あなたの勇気が試されています。     覚悟・勇気が無いのでしたら即座にこのページから離れる事をおすすめします。ネット上に多数存在する楽しい ...

2

   人が生きていくために『人間関係』は切っても切れない問題です。友達との繋がりや人間関係に疲れたら取るべき行動はこちらに書きました。    友人・知人、または学校での教師や同級生 ...

-アレルゲン編
-, , , ,

Copyright© オトナの生き方メソッド , 2020 All Rights Reserved.